セルタ戦でベイルが2ゴールも引き分け エースのロナウドへの評価は…

 レアル・マドリードは現地時間7日、リーガ・エスパニョーラ第18節のセルタ戦で2-2のドローに終わった。ウェールズ代表FWギャレス・ベイルが2ゴール、コスタリカ代表GKケイラー・ナバスはPKストップのパフォーマンスを見せたが、首位バルセロナとの勝ち点差は16に開いてしまった。スペイン紙「マルカ」は、リーグ戦で不振の続くポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに「バライードスで消えたポルトガル人」と厳しい評価を下している。

 レアルは前半33分に先制点を許したが、同36分、38分とベイルがスピードを生かした電光石火の2ゴールで逆転した。後半26分、GKナバスが相手を倒して献上したPKを自ら止める気合いのセーブでピンチを凌いだが、同37分にセルタFWマキシ・ゴメスに同点ヘッドを決められてしまった。

 レアルの“機関紙”とも呼ばれる地元紙「マルカ」は、セルタ戦の格付け企画を実施。無念の引き分けでトップ評価を得たのはベイルだった。「ウェールズ人は2018年の船出を飾った。故障から復帰後、彼はビーゴでの最高の存在で、真実の主役だった。ボールに触るたびに彼はセルタの脅威だった。特に前半は2ゴールを決めた」と称賛されている。

 続いたのが守護神ナバス。「不可欠。前半の数少ないピンチにも神経を研ぎ澄ませていた。失点の場面はノーチャンス。後半も同じ。(イアゴ)アスパスのPKを食い止めた(レアル)初のGKとなる歴史も打ち立てた」と高く評価されている。

「リーグでまたしても消えてしまった」

 寸評は3位のスペイン代表MFイスコまではポジティブだったが、4位のクロアチア代表MFルカ・モドリッチからはネガティブな評価に。記事では、「彼のミスからセルタの先制点が生まれた。クロアチア人MFは機動力に欠け、ガス欠に終わった」と記している。

 スペイン代表DFナチョが5位、ドイツ代表MFトニ・クロースが6位、そしてスペイン代表FWルーカス・バスケスとスペイン代表MFマルコ・アセンシオの“途中出場コンビ”が続くなか、エースのロナウドは9位だった。

「このストライカーは崩壊している。結果は出ない。ルーレットも、ゴールも何もない。リーグでまたしても消えてしまった。リーグ戦では13試合で4ゴールしか決めていない。ポルトガル人の語られない部分だ」

 2017年のバロンドールに選出されたロナウドも、今季リーグ戦はわずか4ゴール。この日もシュートが相手GKの正面を突く場面もあった。

 首位バルセロナはレバンテ相手に3-0で快勝を収め、両者の勝ち点差は16まで開いた。リーガ2連覇には不可欠なロナウドの覚醒だが、なかなかトンネルから抜け出せないエースに対して、レアル寄りのメディアからも批判の声が上がり始めている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ベイルが電光石火の2ゴール、ナバスが渾身のPKストップも…「ヘルタvsレアル」戦ハイライト(該当シーン:2分40秒付近~/動画期限:18年2月6日)

ベイルが電光石火の2ゴール、ナバスが渾身のPKストップも「ヘルタvsレアル」戦ハイライト(該当シーン:2分40秒付近~/動画期限:18年2月6日)

フットボールゾーンウェブ