高須クリニック院長であり、浄土真宗僧侶でもある高須弥氏(72歳)が、一般人から侮辱的な言葉を浴びせられたため、裁判に向けて手続きを進めていることが判明した。

高須弥氏と西原理恵子氏を侮辱
訴えられる人物は「」(ミュージオミドリ)というニックネームの人物。この人物はTwitterに「西原理恵子自身が、高須慰安婦という存在な訳ですから」と書き込みし、高須弥氏と西原理恵子氏(53歳)を侮辱したと摘されている。

・謝罪どろか挑発される
その後「おい! こら すぐに謝罪しろ。だだではすまさない」と高須弥氏が氏に警告。しかし謝罪はなく「おっ、やるのか?」と挑発までされたため、高須弥氏は戦うことを決意。「謝罪がないので名誉棄損で訴訟することにしました」と発言し、開戦の狼煙をあげたのだ。

西原理恵子自身が、高須慰安婦という存在な訳ですから・・・
RT 西原理恵子高須院長と「朝鮮人絶滅」を叫ぶ犯罪ヘイトデモを応援…パートナーに引きずられたではすまない責任 https://t.co/uixZHxnN4N @litera_webさんから

(ミュージオミドリ) (@essssu) 2018年1月7日

おい❗こら
すぐに謝罪しろ。だだではすまさない。 https://t.co/oYCxmanHHX

高須弥 (@katsuyatakasu) 2018年1月7日

おっ、やるのか?

(ミュージオミドリ) (@essssu) 2018年1月7日

謝罪がないので名誉棄損で訴訟することにしました。いま連絡した担当弁護士さんの話では本人特定のためにTwitter社さんの協が必要だそうです。ご迷惑をおかけします。
よろしくお願い申し上げます。 https://t.co/AwzP3T7YqM

高須弥 (@katsuyatakasu) 2018年1月7日

高須弥さん初めましてこんばんは。
先ほど帰宅したところです。
高須先生にとって、西原理恵子さんは、お互いが心をなぐさめあい、労をねぎらいあう対(慰安)の女性のお友達(婦人)ではいらっしゃらないのですか?

(ミュージオミドリ) (@essssu) 2018年1月7日

この世知辛い世の中で、心を許せる友人を持たれている事に対し私はとてもうらやましく思っていますよ。

この事以外なんら言及はさせて頂いていませんが、何か心に触るようなことがあるようでしたらお伝え頂ければありがたいです。
文中、敬称を略させて頂いている所は申し訳ありませんでした。

(ミュージオミドリ) (@essssu) 2018年1月7日

慰安婦』が侮辱だとよく知ってるてはないか❗
適当な言い訳は謝罪ではない。
法廷で弁明したまえ。聞きに行くから。 https://t.co/Ts0y8C2lbC

高須弥 (@katsuyatakasu) 2018年1月8日

高須弥氏「法廷で弁明したまえ」
高須弥氏が本気で怒っていることに気が付いたのか、氏は言い訳を書き込み。しかし納得がいく理由ではなかったため、高須弥氏は「法廷で弁明したまえ」とバッサリ。今後、裁判にてつけられることになりそうだ。

でも思ったことを簡単に書き込める時代、何を書けばどうなるのか、そのあたりしっかり考えてから行動に移したいものである。

もっと詳しく読む: 一般人が高須クリニック院長を侮辱して裁判へ / 高須氏が謝罪求めるも逆に挑発 → 名誉棄損で訴訟(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/08/katsuyatakasu-saiban/