今年のNHK大河ドラマ『西郷どん』の第1話が7日、放送された。舞台は1840年の薩摩藩で、第1話では西郷隆盛の少年時代が描かれた。

 小吉(のちの西郷)は仲間たちと“お菓子”を盗むために薩摩藩主の別邸に忍び込むが、見つかってしまい逃走中、すすまみれになって砲撃を開発中の天狗のような出で立ちの男(渡辺謙)に出会い、「お前は一番幼い仲間を見捨てて逃げた。弱い者の身になれん奴は、弱い者以下のクズだ。そういう奴のことを、薩摩では“やっせんぼ”って言うのだ」と叱責される。その晩、自宅で小吉は家族を前にして「おいは、自分より弱か者を守りとうございます。そんために、もっと強くなりたか」と宣言する。

 そして後日、妙円寺詣りで小吉たちの郷中が一番となり褒美の餅を頬張っていると、薩摩藩主・島津成興(鹿賀丈史)の子、島津久光(青木崇高)が馬に乗って現れ、一同が地面に正座し頭を下げる。そして、なんと久光の後ろには先日出会った“天狗男”が甲をかぶり立っており、その男が藩主の“お世継ぎ様”島津斉彬であることを小吉は知る。

 斉彬の魅力に引かれた小吉は、将来斉彬の“お側に仕える”ことを決心し、ますます剣術の稽古に精を出していたが、道中で襲ってきた相手と格闘中に真剣で肩に大きな傷を負い、武士であるにもかかわらず一生刀を振れない体となってしまう。

 絶望して林の中で泣いていると、狩りをしていた斉彬に再び遭遇。小吉は「おいは、いつか斉彬様のお側で忠義を尽くしとうございます。じゃっと、こん右手で二度と刀を持てなくなりました」と訴える。すると斉彬は、「死んではならん。侍が重い刀を2本も差してふんぞり返る時代は終わるんだ。これからは弱き者の声を聞き、民のために尽くせる者のみが真の強い侍となる。お前はそういう侍となればよい」と言い残し、去っていく。そして小吉はますます将来斉彬に仕える決心を強くするところまでが放送された。

●致命的欠点

 第1話を見た感想としては、ほぼ全編にわたり小吉の少年時代が描かれていたが、川で子ども同士がケンカをしたり、藩主の別邸に忍び込んだりと、どうでもよいシーンを延々見させられ、肩透かしをくらったという印象だ。多くの部分が子どもたちが走り回ったりケンカをするシーンで占められ、“間延び感”は否めず、せっかく明治維新というドラマチックな史実を扱うのだから、興味深い歴史的トピックと関連付けて見せるなど「ほかにやりようはなかったのか……」と期待外れに感じた。

 また、小吉の家は下級武士という設定なのだが、両親も祖母もみんな優しく和気あいあいとしていて、“現代のマイホーム”感ありありなのにも疑問を感じた。青木崇高や沢村一樹(赤山靭負)らほかの俳優陣も、セリフ回しや佇まいが完全に“現代の連ドラ”で、「え? 大河って、こんな感じだっけ?」と雰囲気をぶち壊している(そのため、渡辺謙や鹿賀丈史の大河感がハンパなく際立っていた。渡辺の乗馬スキルとかスゴすぎだし。そういえば、開始早々から『なんでナレーションが西田敏行なんだろう』ってずっと考えていたのだが、鹿賀と西田が主演し、同じく明治維新を舞台とする28年前に放送された大河『翔ぶが如く』へのオマージュだったのね。『翔ぶが如く』は面白かった)。

 そしてなんといっても“雰囲気をぶち壊している”トップが、主役の西郷を演じる鈴木亮平だ。第1話では少しだけの登場となったが、鈴木がいつも民放の連ドラで見せる爽やかな笑顔を振りまきながら野を駆け抜ける鈴木の姿には、「いったい彼をどう西郷隆盛だと思えばいいんだ……」という違和感しかない。やっぱり、西郷に鈴木を配したのはミスキャストではないだろうか。

 このほかにも、登場人物たちが話す薩摩弁のセリフが難しすぎて、いったい何を言っているのか全然わからないシーンが多く、全体のストーリーが追えないというのは致命的な欠点ではないだろうか。これには早くもインターネット上で「字幕必須」「何言ってるか、わかんない」などと批判の声が上がっている。

 そんなこんなで、今後に不安が残る第1話だったといえるのではないか。そして28年前に『翔ぶが如く』で大久保利通と西郷を演じた鹿賀と西田は、どんな感想を抱いているのかも気になるところだ。
(文=米倉奈津子/ライター)

西郷隆盛