新年を迎えたばかりの1月1日、大阪市のホームページに「救急隊員の勤務中の行動について」との文章が掲載された。これを受け、ネットでは様々な意見が出ている。

今回「救急隊員の勤務中の行動について」が掲載された背景には、大阪市に寄せられた「市民の声」がある。その内容は以下のとおり。

“11月13日午前6時50分くらいに浪速区内の病院に大阪市の救急車で来られた隊員の男性三名の方が病院に搬送後、数メートル離れた自販機で飲み物を三名とも購入されていました。これまでに幾度となく様々な救急隊員の方を見かけましたが、このような行動をされているのをはじめて見ました。その後、救急車の中でその飲み物を飲まれているようでなかなか出車せずでした。勤務中のこのような行動はありなのでしょうか?教えてください。”

これに対し、大阪市は、

“当局では、必要に応じ活動中の水分補給を適宜行うよう周知しているところであり、今回の場合、飲料水の購入はやむを得なかったものと考えます。”

と、救急隊員の行動に理解を求めるコメントを出している。

この一件はTwitterでも話題になっていて、

“住民を守ってくれてる救急隊員が自販機で飲み物を買うと住民からクレーム、缶コーヒーを飲むと「さぼるな」とクレーム、救助に必要な筋トレをすると「仕事しろ」とクレーム、絶対必要なサイレンにも「うるさい」とクレーム、食事をしただけでクレーム……もうブラック企業大賞ぶっちぎってる ”
“搬送中ならともかく搬送後でしょ?なにが悪いって言いたいのさ”
“クレーマーの馬鹿野郎!! 救急隊員が自販機で飲み物買って、何処が悪いんだ!! 緊急搬送の最中なら駄目だが、終わった後なら構わないだろ!! ”
“次の出動要請が入っていたら問題かも知れないけど、一息くらいつかせてやれよ。ロボットじゃないんだから。 ”

と、この「市民の意見」をクレームだとし、救急隊員の行動を擁護するユーザーが圧倒的に多い。また、今回のケースでは大阪市の対応にも注目が集まっているようで、

“クソみたいなクレームに丁寧に対応してるように見えてバカなこと言ってんなよwと言わんばかりに突き返してて大阪市の対応に好感もてる。

クレーマーに対してなんでもへこへこするから増長するんだよなぁと。 ”
“職務中の水分補給で適切と、よくキレずに対応したぞ大阪市。”
“大阪市のクレーム対応すごいな
あっぱれな返答 ”

と、こうした意見にも丁寧に回答したことを称賛する声が散見された。

つい先日も、滋賀県草津市のちゃんこ料理店店主を暴行・殺害したとして客の2人が逮捕されたが、ここ数年、行き過ぎたクレームを出す“モンスタークレーマー”が話題になっている。今回の「市民の声」もそのひとつと認識しているネットユーザーは多いようだ。
(明日陽樹)

■関連リンク
大阪市 救急隊員の勤務中の行動について
http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000419363.html