期待のイヘアナチョはリーグ戦10試合出番なし「あらゆる面で上達する必要がある」

 レスター・シティ日本代表FW岡崎慎司は、今季リーグ戦19試合で6得点を挙げるなど好調を維持している。クロード・ピュエル監督からも「良いプレーをしている」と高評価で、期待の新戦にとってはその前に立ちはだかる大きなとして君臨しているようだ。英レスターマーキュリー」が報じた。

 岡崎の存在もあって、レスターで苦戦しているのはナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョだ。2015-16シーズンマンチェスター・シティで26試合8得点を挙げてブレークを遂げた21歳は、昨に出場機会をめてレスターに加入した。クラブが移籍2500万ポンド(約38億円)を投じたストライカーだが、ここまではプレミアリーグで9試合に出場して得点。リーグカップでは2試合で1得点を決めたが、インパクトを残すだけのパフォーマンスは見せられていない。

 エースイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディとのコンビ先発した昨年10月16日ウェスト・ブロムウィッチアルオン戦(1-1)では、2トップ間のパス成功数「0本」に終わったことが現地メディアでも取り上げられるなど、チームメイトとの連携に大きな課題を残している。指揮官がクレイグ・シェークスピア前監督からピュエル監督に代わっても、事態は大きく変化していない。

 リーグ戦10試合連続出番なし(うちベンチ外は5試合)が続くイヘアナチョ。ピュエル監督は「々は全ての選手に機会を与えることはできない。アーメド・ムサもそうだ。選択肢の一つだ。ケレチは若く、プレーのあらゆる面で上達する必要がある」とり、ナイジェリア代表FWにさらなる成長をめた。

スリマニ、ムサらにも移籍の噂が浮上

 そして、ピュエル監督はイヘアナチョのプレー機会が限られている背景には岡崎の好調があるとも話している。

「もう一つ難しい理由は、彼がジェイミー・ヴァーディの背後でプレーする選手だからということがある。そこでは多くのチャンスはない。シンジ・オカザキも良いプレーをしている。だから彼にとっては難しい」

 ヴァーディとの連携も抜群にいい岡崎が若手FWの大きなとなっているようだ。レスターでは、16年クラブ史上最高額で加入したアルジェリア代表FWにイスラム・スリマニやFWムサら実者たちに移籍の噂が浮上するなどしい競争が繰り広げられている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

フットボールゾーンウェブ