プレイステーション4の2017年年末商戦期(※1)における世界累計実売台数が、590万台を達成したことが、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)より明らかにされた。これにより、プレイステーション4の累計実売台数は2017年12月31日の時点で、7360万台(※2)となった。

 これにあわせて、プレイステーション4向けタイトルのセールスも好調で、2017年の年末商戦期における販売店およびPS Storeの実売本数は5590万本(※3)、累計実売本数は2017年12月31日時点で6億4500万本(※4)を突破したことも明らかにされている。

※数字はすべてSIE調べによるもの。

 この件に関して、SIE社長兼CEOの小寺剛氏からのコメントも公開されているので、以下に紹介しよう(リリースからの引用)。

 「PS4が世界中のユーザーの皆様からご支持をいただき、好調な年末商戦を迎えられたことを大変嬉しく思います。また、『プレイステーションネットワーク』も着実にサービスの基盤を拡大し、有料会員サービス『プレイステーションプラス』の加入者数は累計3150万を突破(2017年12月末時点)、2017年12月にはPS Storeにおいて過去最高のコンテンツ実売数を単月ベースで記録しました。これもひとえにユーザーの皆様およびパートナー各社様からの多大なるご支援によるものと、心から感謝申し上げます。今後も皆様からのご期待に応えるべく、全社一丸となってPS4プラットフォームの普及・拡大を推進し、充実したソフトウェアラインアップおよび革新的なネットワークサービスにより、これまで以上に魅力的な『最高の遊び場』を提供してまいります。」




【画像1点】「プレイステーション4の2017年年末商戦期の世界累計実売が590万台を突破、ソフトは実売5590万本に」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

※1 2017年11月19日から2017年12月31日までの期間。日本・アジアは2017年11月20日から2017年12月31日、北米、ラテンアメリカは2017年11月19日から2017年12月30日まで、欧州は2017年11月20日から2017年12月31日まで。
※2  日本は2014年2月22日から2017年12月31日までの数値、北米は2013年11月15日から2017年12月30日まで、ラテンアメリカは2013年11月29日から2017年12月30日まで、欧州は2013年11月29日から2017年12月31日まで、アジアは2013年12月17日から2017年12月31日までの数値。
※3 日本・アジアは2017年11月20日から2017年12月31日までの数値、北米およびラテンアメリカは2017年11月19日から2017年12月30日まで、欧州は2017年11月20日から2017年12月31日までの数値。
※4 日本は2014年2月22日から2017年12月31日までの数値、北米は2013年11月15日から2017年12月30日まで、ラテンアメリカは2013年11月29日から2017年12月30日まで、欧州は2013年11月29日から2017年12月31日まで、アジアは2013年12月17日から2017年12月31日までの数値。