富士通は1月9日、IoTを活用した居住者の生活の様子を24時間見守り、高齢者ケアをサポートする「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE 居住者の見守りソリューション」のサービスを拡充し、介護スタッフによる迅速な対応を可能とする新サービス「リモートモニタリングサービス」を同下旬から提供開始すると発表した。

居住者の見守りソリューションは、居室内に設置した音響センサ搭載の「リモートケアベース」でセンシングした生活音を独自のアルゴリズムで解析し、転倒の可能性など異常が疑われる場合には同社グループのコールセンター経由で必要に応じて家族への連絡や居住者宅への駆けつけなどを行うサービス。

リモートモニタリングサービスは、入居者の介護レベルの重度化、人手不足、人的コストが課題となっている介護事業者のニーズに応え、事業者自身による居住者の状況把握を支援するサービス。

居室内で一定時間生活の気配がない状態や、異常音の発生、室内の温湿度の異変などのアラームをWebアプリの画面一覧表示で確認できる。

アラームはスタッフのスマートフォンにメールで通知されるため、駆けつけ対応が可能になるとともに、介護スタッフが同じタイミングでアラーム通知の確認による定期巡回数やスタッフ間での情報共有の効率化、複数施設の人員配置最適化など業務効率化が図れるとしている。

また、居住者からの緊急コールや相談にいつでも対応できる緊急相談サービスをオプションで提供。居住者がリモートケアベースの緊急ボタンや相談ボタンを押すと、管理事務所のパソコンや、スタッフのスマートフォンに直接電話がかかるため、速やかな対応につなげることができるという。

さらに、夜間や祝日など人員確保が難しい時間帯は、看護師が24時間365日常駐する同社グループのコールセンターに転送することもできるなど、顧客の運用形態に合わせたサービス提供を可能としている。

加えて、せき・いびきや呼吸の乱れといった日々のセンシングデータから分析した居住者の健康データを、施設の看護師などの介護スタッフがWebアプリの画面で確認を可能とし、各居住者に対して健康状態や室内環境などの状況に合わせた適切な健康アドバイスを行うことができるという。
(岩井 健太)

画像提供:マイナビニュース