【元記事をASCII.jpで読む】

 カシオ計算機は1月10日、Android Wear 2.0に対応したアウトドア向けリストデバイス「PRO TREK Smart(プロトレックスマート)」の新モデルに、蛍石をイメージした深みのあるフローライトホワイトを基調にした「WSD-F20-WE」を発表した。世界限定1500本、3月16日に発売する。価格は5万5080円。

 WSD-F20-WEは、2017年4月21日に発売したWSD-F20シリーズに追加される限定カラーモデル。基本仕様は、WSD-F20シリーズに準じる。ホワイトカラーに、クリア塗装を重ねた多層塗装で鉱物のもつ深みのある色彩に仕上げたとうたう。

 3月16日の発売と同時に、新ウォッチフェイス「ジャーニー」を配信する。アナログ時計表示の背景に、現在地の地図を表示。また、事前にGoogle カレンダーに予定と場所を登録すると、最大で直近3件の予定と、その予定の行き先の地図を表示する。旅行で立ち寄る観光スポットなどを事前に登録することで、次の予定を次図情報とともに確認できるとうたう。

 ジャーニーは、すでに発売しているWSD-F20/F20S/F20Xにもインストール可能だ。

大手アプリ9社とオフィシャルパートナー契約

 また1月10日、カシオ計算機はWSD-F20シリーズと2016年に発売した「WSD-F10」からなる「Smart Outdoor Watch」の利便性をアウトドアやスポーツ分野で向上させるために、大手アプリ9社とオフィシャルパートナー契約を2017年12までに締結したことを発表した。

 これにより各社がAndroid Wear版アプリをリリースする場合、カシオのSmart Outdoor Watchを推奨デバイスとして掲げ、Smart Outdoor Watchならではの機能や使い勝手を行かしたサービスを、今後展開するという。


カシオ「PRO TREK」スマートウォッチに世界1500本限定