みなさんは普段のメイクで、トレンドを取り入れていますか? 何十年も同じメイクでは、「そのメイク、ちょっと古くない?」「オバメイク!」などと、若い女性たちから思われているかもしれませんよ。でも、実際のところ、自分では気付いていないからこそ、続けてしまっているのかもしれませんね。そこで、この機会に時代遅れの老け顔メイクになっていないか、チェックしておきましょう。

 老け顔になりがちといえば、口の色。ブラウンなど、あまりにくっきりはっきりした色合いをつけると、顔の下半分に注が集まってしまいます。これは、若作りメイクとは正反対のことをしているのだとか。

 メイクプロである中野まさよしさんの著書「Sayが教える大人の若創りメイク人気沸騰!東京銀座わざメイク教室」(主婦と生活社刊)によると、顔の下半分を薄くすることが、若作りメイクには必要なのだそうですよ。

 また、メイクオフのときも重要! ヘアメイクアップアーティスト渡辺由美さんの著書「新版 今さら聞けないメイクの正解」(主婦の友社刊)によると、マスカラや口などのメイク落としのときに一気に落とすと、摩擦でしわやくすみができやすく、老け顔になる恐れがあるそうです。元や口元などのポイントメイクの箇所は、専用リムバーを使って落とし、ゴシゴシこすって落とすのは避けるようにするといいのだとか。

 まずは、ベースとなる老け顔ケアをしっかり行い、トレンドを意識した若々しいメイクアップ法を手に入れましょう!

アサジョ