ウェストハムのマスアクが巧みにボールを操って“袋小路”を突破

 イングランド1部のプレミアリーグで、まさに相手を手玉に取るようなスーパーテクニックが飛び出した。ドリブルでサイドから崩しにかかるも、二人のマークマンに囲まれて劣勢……、かと思われたが、左右両足を使った高速タッチ麗なループ包囲網を突破。相手を翻弄する魅惑の美技に海外メディアは「今年最高のスキル補」「世界を駆け抜けた魅惑のフェイント」と話題を呼んでいる。

 くも“今年一番”の補に挙がるプレーを繰り出したのは、ウェストハムのコンゴ代表DFアルトゥール・マスアクだ。

 現地時間4日に行われたリーグ21節のトットナム戦(1-1)、オーバーラップしたマスアクは左サイドで突破を試みた。しかし、トットナムもコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエも縦の仕掛けに対して必死に食らい付く。さらに後ろからは韓国代表FWソン・フンミンにプレッシャーをかけられ、マスアクはタッチラインを背にした状態で行く手を全に阻まれた。

 すると、マスアクはおもむろにの前の2選手との間合いを詰めると、左足裏ボールコントロール。軸足の右足に当ててボールを浮かせると、そのまま左足のインステップでオーリエとソン・フンミンの間を通して見事に“袋小路”を突破して見せた。

ファンも称賛「俺は夢を見ているのか」

 にも止まらぬ高速技に、英衛星放送「スカイスポーツ」は「アルトゥール・マスアクがトットナムに今年最高のスキル補を披露」と称賛。ポルトガル「レコルド」は「マスアクが素晴らしい技を発明」と報じ、ポルトガルメディアSAPO Desporto」も「世界を駆け抜けた魅惑のフェイント」と伝えた。

 ウェストハムクラブ公式インスタグラムで「キングアルトゥール」とハッシュタグをつけて動画開し、ファンから「忘れられない」「は夢を見ているのか」「神の子だ」などと驚きのがあがっている。

 ウェストハム移籍2年の今季は、すでに17試合に出場。大きな成長曲線を描く24歳からが離せない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

【動画】ウェストハム公式インスタグラムが公開、マスアクの高速タッチ&ループ

ウェストハム公式インスタグラム開、マスアクの高速タッチ&ループ

フットボールゾーンウェブ