KAT-TUN亀梨和也演を務めるドラマFINAL CUT』(カンテレフジテレビ系/毎週火曜21時)の第1話が9日放送され、扮する主人公と、彼をサポートする幼なじみを演じたHey! Say! JUMP高木雄也のバディぶりが大きな注を集めた。

【関連】『FINAL CUT』制作発表会見フォトギャラリー

 『FINAL CUT』は、ある女児事件で母親犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ男の“復讐劇”を描いたドラマ。復讐の矛先が向けられるのは事件当時、報道に関わったテレビ番組の関係者や事件の鍵を握るある姉妹。男は素性を隠してターゲットに近づき、開されるとその人の人生が終わる致命的な映像ファイナルカット”を突きつけ、ある的を達成させるために言いなりにしていく。しかし男は姉妹に近づくうちに、復讐のシナリオに狂いが生じ始める。共演には藤木直人、栗山千明橋本環奈佐々木蔵之介らが顔をえる。

 第1話では、主人公・慶介()の悲しい過去と、幼なじみの大地(高木)と共に報道被害された人々の相談を受けるサイトを立ち上げている現在の姿が描かれる内容に。ある日、慶介たちのサイトに『ザ・プレミアワイド』の取材を受けた女性からの相談が。女性心臓移植のために取材を受けたものの、事実と異なる内容へと編集され、番組プロデューサー井出杉本哲太)の傲慢な態度にも困惑していた。かつて井出から苛な取材攻勢を受けていた慶介は、彼を陥れるために動き始める。

 番組の冒頭でスタントなしのパルクールを披露するシーンが登場すると「くんのパルクールカッコよくて最高!!!」「動きの一つ一つが美しい」「パルクール普通にやってのけるくんの身体の高さよ…」と絶賛のSNS上に殺到。の見事な身のこなしに引き込まれる視聴者が続出した。

 また、慶介の幼なじみとして彼の復讐をサポートする大地を演じた高木の演技にも大きな反が寄せられた。慶介が大地に接近して打ちするシーンでは「雄也を誘惑してる(笑)」「二人の関係が気になってドラマに集中できません!」など、今後、高木がどんなコンビネーションを見せてくれるのか期待を持たせる初回となった。

新ドラマ『FINAL CUT』での亀梨和也と高木雄也のバディぶりに反響 クランクイン!