モデルとして活躍する他、日本テレビ系で放送中の「ヒルナンデス!」(毎週月曜金曜11:55-1:55)、「バズリズム02」(毎週金曜0:59-1:59)などにも出演するマギーが、10年前のデビュー時からずっとやりたかったという演技に初挑戦! 念願の女優デビューを果たした。

【写真を見る】モデルとして活躍するマギーが村娘に! 普段とは違った表情を見せる

記念すべき1作は、綾瀬はるか演の大河ファンタジー精霊の守り人~最終章~」(毎週土曜9:00-10:00、NHK総合)。東出昌大演じるタンダに心を抱く村・ヨーナを熱演する。1月6日から本作に出演しているマギーに、女優デビューした感想や撮影中のエピソードなどを聞いた。

■ 初演技にして、NHK超大作に!

――女優デビューおめでどうございます! 初めての演技はどうでしたか?

楽しかったです。でも知らないことだらけで、ほんと手探りの状態で…。監督さんや演技の先生にたくさんアドバイスをいただいて、夢中でやりました。

――に入るシーンもあったと思いますが、大変だったシーンはどこですか?

どのシーンも大変だとは思わなかったです。それよりも、やり切るしかないという気持ちの方が強かったですね。寒かったし、シーンもありましたが、楽しく頑ったという記憶の方が強いです。

――初めての作品がNHKの大河ファンタジーだと聞いた時、どうでしたか?

まず、「大河に出られるんだ!」と思って、すごくありがたかったです。ちょうど時期的にもいいタイミングでおを掛けていただいて、ぜひやりたいと思いました。

ヨーナの衣装やメークは普段の私とは全く違うので、役に入り込みやすかったです。すごく衣装がすてきでした! 今回は、衣装とヘアメークにすごく助けられた感じです。

■ とまんくんはみたいな存在

――ヨーナの衣装やメークを客観的に見てどうですか?

すごく村の雰囲気が出ていると思います。襟の部分はいろいろなテイストのひもを組み合わせて、何枚もつぎはぎの布を重ねていろいろな色をミックスしたりして…。結構、細かいところまで衣装さんが工夫してくださったので、こだわりの詰まった衣装になりました。

――綾瀬さん、東出さん、とまんさんと一緒のシーンがありますが、共演してどうでしたか?

最初に撮ったシーンが、タンダを看病しているシーンだったんですけど、緊しました。緊があまり出ないようにやっていたら、東出さんに「初めてとは思えない。落ち着いているね」って言われて。その時、「表に出てないんだ」ってちょっと安心しました(笑)

――撮影前に3人にお会いされたことはありましたか?

皆さん初めてですね。綾瀬さんは、すごくナチュラルな方で、一緒に歌を歌ったりしました。とまんくんは役だったんですが、私も実際にがいるので本当のみたいでした。今でもたまに連絡を取るのですが、“コチャ”って役名で呼んでいます。本当に、和気あいあいとした現場でした。

■ 次はサイコパスな役に!?

――ドラマ撮影中、リフレッシュするためにしていたことはありますか?

忙しい時はあまり外に出ることができないから、ゆっくりお風呂に入るようにしていました。あとはルースプレーを持ち歩いて、楽屋などでいっぱいスプレーして深呼吸してリセットしていました。アロマオイルをたいたりもしていましたね。

それと、現場には毎回自分でお弁当を作って持っていっていたので、自分が作ったものを食べるランチの時間はリフレッシュになっていました。

――今後、挑戦したい役はありますか?

まずは、普通の格好をした役をやってみたいですね(笑)コメディーというよりはサスペンスとかサイコパスな重めの作品もやってみたいし…、いろいろチャレンジさせてもらえたらうれしいです。

――園子温監督映画「冷たい熱帯魚」(2010年)がお好きなんですね。

そうなんですよ! 何回も見ました!! 事実に基づいたストーリーだと思うと怖いですが、最後の部分とか面いなと思います。

――では、ゆくゆくはそういう作品に!?

出たいです! 湊かなえさん原作映画告白」(2010年)を見て以来、湊かなえさんのドラマ映画に出演したいと思うようになりました。さんの作品に出ることも、今後の1つの標です。

――マギーさんの初演技を楽しみにしている方に向けて、メッセージをお願いします!

ヨーナはタンダに心を抱くんですけど、バルサ(綾瀬)と愛し合っていることに気付いて身を引く役どころです。最初は好きというピュアな気持ちが出ていますが、最後は自分の気持ちを引っ込める。その揺れ動く心情を感じ取っていただけたらなと思います。どんな顔をして自分が映っているか、私もオンエアが楽しみです!(ザテレビジョン

マギーはドラマ「精霊の守り人~最終章~」で初演技を披露!