三井住友カードおよび米Dynamicsは1月8日(米国時間)、米国ラスベガスで開催されているエレクトロニクスショー「CES」で、「ロック機能付きクレジットカード」を2018年に日本市場で展開する計画を発表した。

同カードにはLEDランプや液晶番号を入力するタッチ式ボタンが搭載されており、カードを利用する都度、カード上のタッチ式ボタンで利用者自身が設定したパスワードを入力して起動させる必要がある。

起動させると液晶にカード番号が表示され、表示中のみ、磁気ストライプ/ICチップの機能がアクティベートされ、店頭決済に加え、インターネット決済でもカードを利用することができる。

利用後は、液晶のカード番号が非表示となり、磁気ストライプ/ICチップの機能が停止するため、カードが利用できなくなる。

カードをアクティベートするためのパスワードは、カードを受け取った後、利用者自身で設定する。設定したいパスワードを2回入力し、数秒で設定が完了するという。

同カードは、従来の決済インフラや加盟店システム(端末など)で利用できるため、利用者は既存のVisa加盟店で通常通りカードを利用できる。

画像提供:マイナビニュース