友達とスマホで自撮りしてすぐに写真をシェアするのはよくあること。しかし、SNSなどで共有するのもいいが、プリント写真であれば手元で何度でも見返すことができ、記念にもなる。

Kodakがこのほど発売したミニプリンター「Mini 2」は、そうした物理的な写真共有を可能にするもの。パーティーなどのイベントに持ち込んだりすると場を盛り上げるのに役立ちそうだ。

・印刷は1分以下

名称にミニとある通り、Mini 2は78.2×132.4×25.4mmと小さく、プリントする写真のサイズはクレジットカードほどとなる。

スマホやタブレットなどの端末とBluetoothもしくはNFC(近距離無線通信)で連携し、端末に専用の無料アプリ(Android、iOS)をダウンロードすれば、そこで印刷を指示できる仕組みだ。印刷にかかる時間は1分以下とのこと。

・アプリで編集も

アプリでは、写真の編集もできる。フィルターをかけたりトリミングしたり。ステッカーやカード用テンプレートなども用意されているので、楽しみ方も幅広そうだ。

ペーパーカートリッジは専用のものを使用し、20枚、30枚、50枚入りのパッケージが用意されている。

Mini 2の価格は99.99ドル(約1万1000円)。現在、Amazonなどで購入できる。

Kodak

スマホの写真をいつでも印刷できる! Kodakからミニプリンター「Mini 2」登場