天皇、皇后両陛下が年頭に各分野を代表する学者から講義を受けられる恒例の「講書始の儀」が10日、皇居・宮殿で行われた。皇族方も出席され、療養中の皇太子妃雅子さまは03年以来15年ぶりとなった。進講者とテーマは、田代和生・慶応大名誉教授=日本近世史=の「対馬宗家文書からみた江戸時代の日朝貿易」など。

「講書始の儀」に臨まれる天皇、皇后両陛下と皇族方=皇居・宮殿「松の間」で2018年1月10日午前10時49分(代表撮影)