2Kから2018年2月8日配信予定の『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』 の拡パック『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI 文明の亡』に、グルジアを導く新たな“導者”として、タマルが登場することが発表された。固有ユニットはヘヴスレティで固有建造物はツィク、導者の固有の世界と王と信仰の誉れ、文明の固有能団結なりとなる。




【画像3点】「『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI 文明の興亡』にグルジアを導く指導者タマルが登場することが明らかに」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 黄金時代グルジアを統治したタマ女王は、賢く、外交が巧みで先見の明があり、領土の防衛に長けている、まさに”理想の君”と呼ばれるにふさわしい統治者。芸術と文化の保護にも熱心で、交易と商業を盛んにし、自身のモノグラム称号の入った硬貨を鋳造させたことでも知られている。ビザンティンのキリスト教ペルシアの流れをむ発想が融合して、グルジアの文化は強く、伸び伸びと発展していくことになった。分裂した王女王として即位したタマルは、をより大きく、より強大に発展させ、文化的な独自性を確立東方正教会によって列されたタマルは、グルジアではいまもシンボルとされている。






(C)2016 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries. Sid Meier's Civilization, Civilization, Civ, 2K, Firaxis Games, Take-Two Interactive Software and their respective logos are all trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. All other marks and trademarks are the property of their respective owners. All rights reserved.