福岡市の中心部、博多区にある「住吉神社」は、大阪住吉大社、下関の住吉神社とともに「日本三大住吉」の1つに数えられる古社。全2129社ある住吉神社の始と伝えられており、底筒男(そこつつのおのかみ)、中筒男(なかつつのおのかみ)、表筒男(うわつつのおのかみ)の住吉三を御祭とする。

【写真を見る】黒田長政が造営した「住吉造」の本殿は国の重要文化財に指定

およそ8000坪もの広大な敷地内には、定重要文化財の本殿定有形文化財の能楽殿、古代力士像など、さまざまな施設やパワースポットが点在。大相撲11月場所(九州場所)の前には「横綱奉納土俵入り」が行われる神社としても知られ、全から多くの崇敬を集めている。

「住吉神社」の起は古く、創建は1800年以上前に遡ると伝わる。現在の本殿は元和9年(1623)、初代福岡黒田長政により再建されたもので、「住吉造(すみよしづくり)」という神社建築史上最古の特殊な様式を用いており、の重要文化財に定。

また、御祭である住吉三は航上の守護。「こんな内陸で神様?」と不思議に思ってしまうが、実はこのあたりはかつての那珂の河口付近、つまりに面していた場所。聞けば納得、歴史ロマンを感じずにはいられない。

相撲神様として信仰されていることもあり、本殿そばには筋たくましい「古代力士像」が仁王立ち。右手の手相が「」という漢字に見える事から、その手に触れるとをもらえるといわれている。右手からみなぎるパワーに触れ、開運・立身出世のご利益にあずかろう。

その他、内には数々の摂社・末社が点在するが、そのなかの1つ「志賀神社」の前にある「福分小判」は、宝くじに当籤した参拝者が、その御礼として、また「福を皆で分かち合いたい」と奉納建立したもの。驚くことに、その当籤した人の名はなんと「志賀」さんなのだとか!単なる偶然とは思えない事実に、編集部も思わず絶句。

神社JR博多駅より徒歩10分、最寄りのバス停からも徒歩2分という好立地。都心とは思えないほど豊かなに包まれる内は、古くからの自然が手付かずで残されているせいか、心癒す木々のりの中にも、どこか気高い静けさが漂う。

太古より悠久歴史を紡いできた住吉神社。今も静かに博多を見守り、鎮座する。

[住吉神社福岡県福岡市博多区住吉3-1-51 / 092-291-2670 / 9:0017:00 /

九州ウォーカー編集部/取材・文=前田健志(パンフィールド)、撮影=田広一(パンフィールド)】(九州ウォーカー前田健志)

日本三大住吉の1つにして、長い歴史を宿す格式高き神社