2017年12月31日、2018年のマリーンズのスローガンが「マクレ」となったと発表された。マクレの意味は「勝ちまくる、打ちまくる」といった「〇〇しまくる」ということと、捲る(一気に追い抜く)がかかっている。そして「レ」は折れ線グラフを表し一気に上昇する様を表しているという。

 そのスローガン、大晦日の朝5時にTwitterで、8時にはLINEで12時にはメールで告知が来た。早くも「告知しマクレ」という様相だ。

 2017年、負けに負けまくった。どん底もいいところだった。あとは上がるしかない。井口マリーンズの捲りを期待したい。そして、選手一人一人の捲りにも。2017年は誰が悪い、というわけではなく、ほぼ全ての選手の成績が2016年を下回っているわけなので、全員が何らかを「マクレ」ないと浮上はできない。

なかなか殻を破れなかったアジャ井上

 その中で私が人一倍期待をしている選手がいる。2018年に5年目となる井上晴哉だ。

 身長180センチ、体重114キロの巨漢。2014年、キャンプの紅白戦でまさかのランニングホームランを記録すると、オープン戦も絶好調。首位打者を獲得するが、シーズンに入ると急ブレーキがかかってしまった。ツボに入れば長打が生まれるもなかなかツボに入らない。翌年以降も長打を打てる人材として期待をされるも、怪我をしたり、ここぞの場面で打てない。

 開幕スタメンを勝ち取った2016年。4月1日、京セラドームのバファローズ戦では金子千尋からタイムリーを放ち「これは今年はいけるぞ!」とスタンドから確信したが、その後半月も持たなかった。

 そして2017年も同じく、4月中は好調だったものの、不振や怪我人が続出した中で4番に据えられてからパッタリ打てなくなってしまった。その後、長打力が手薄なチームでありながら秋まで1軍に戻れなかった。

 ファームではフレッシュオールスターでMVPを獲得したり、首位打者に輝いたりするも、なかなか殻を破れない。右方向には鋭い打球が飛んでいくのに引っ張った打球が飛んでいかない。長打が打てるバッターが欲しいチーム事情があるだけに惜しい、惜しいにもほどがある。

 しかもマリーンズは2014年以降全くファーストが固定できていない。試合前の練習ではファーストベースに5人ほどがノックの順番を待つ。2017年、ファーストを守った選手は延べ12人にもなる。だからこそ井上には一皮向けてほしいと願うマリーンズファンも多いのではないだろうか。

「アジャ」というニックネームはプロレスラーのアジャ・コングが由来だ。現状ではアジャと言うにはまだまだ大人しい。一斗缶ではなくスポンジを持って歩き回っているようだ。

 そんな井上が「ちょっと変わったんじゃないか」と言う試合を見に行った。2017年10月5日、対ゴールデンイーグルス戦。私が昨年唯一マリンに行った試合だ。

井上の中で何かが変わった?

 この日、井上はベンチスタートだった。佐々木と古川の投げ合いはなかなか点が入らず淡々と試合が進んで行った。マリーンズがチャンスを掴んだのは2−2で迎えた9回裏。清田がヒット、どん詰まりだったがヒットエンドランを大嶺翔太が決めた。その後2アウトになったが二、三塁の大チャンス。打席に髙濱が向かいかけたが、呼び戻された。代打に出て来たのが井上だった。

 何を隠そう髙濱ファンの私。髙濱の代打で出てくるんだから絶対打てよ! 打たないと承知しねぇぞ! とちょっと何とも言えない気持ちで井上の打席を見守っていた。

 5球目、低めのチェンジアップを打ったが打球はショートの守備範囲に。スタンドからため息がもれかけたが、打球が速かった分、ショートに入った阿部がボールを弾いた。「走れ井上!」と言う声と悲鳴が方々から聞こえて来た。上述のようにランニングホームランの経験がある井上の脚だが、エンジンがかかるのが遅い。

 阿部が投げる体勢に入った時、井上がベースのずいぶん手前から飛んだ。飛んだと言うよりは「頭からベースに突っこんだ」と言う表現が正しいと思う。その迫力に圧されたのか阿部の送球は中途半端な強さになり、井上の頭の方が先にベースの上を通過していった。サヨナラヒットだ。

 チームメイトから祝福される過程で水をぶっかけられたため、寒そうにしながらヒーローインタビューでは「ヘッドスライディングは小学生以来」「(滑った瞬間は記憶にないので)気持ちが出た」と語っていた。あまりこれまでそんな言葉が出てこなかった井上。自信とかそう言うものではないなにかがにじみ出ていた。

 そしてキャンプを経て、台湾遠征で代表チーム入りしていたチェンからホームランをレフトスタンドにかっ飛ばした。打球を引きつけて振り抜いた。やはりあれから何かが井上の中で変わったんじゃないか。パ・リーグTVの中継を見ながらそう思った。

 11月23日、私はファン感謝デーであるスーパーマリンフェスタに行ってみたのだが、井上を見て驚いた。かなりほっそりしていたのだ。ステージの上で話していたのは食べ物の話だったが。これも報じられていた秋キャンプの猛練習の成果なのか。それとも2018年に懸ける決意なんだろうか。この姿が2月1日に変わらず見ることができたら今度こそ本物だ。これまで燻り続けていた火が一気に燃える時がようやくやって来る。

 福浦、根元、細谷、大嶺、髙濱、香月、ルーキーの安田、そして恐らく入団するであろう新外国人とファーストのポジション争いは激しい。これまでも争いに遅れをとってきた。それでも井上はノってくるとランニングホームランを記録できるほど加速する。今度は脚だけではなく、バットでも成果を見せる時がきた。今度こそきっと結果を残せるに違いない。ファースト争いの後方から一気にマクレ! 2018年のアジャから目が離せない。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ウィンターリーグ2017」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/5792 でHITボタンを押してください。

(SAZZY)

©時事通信社