1歳10か天才キッズが“超絶バットコントロール動画に反「この世界の将来を背負う」

 未来イチローがいた!? 米国で1歳10かで正確なバットコントロールで快音を連発させる天才キッズが出現。スポーツ専門局「ESPN」が動画付きで紹介すると、「野球界最新の童が誕生」「この世界の将来を背負う」などと話題を呼んでいる。

 とても、1歳10かとは思えない。仰の“スーパー打撃”で話題を呼んでいるのは、アーサー・ウィリッグ君だ。

 MLB動画紹介サイト「Cut4」は「野球界における最新の童打者が誕生。22アーサー・ウィリッグだ」と題して特集。記事では「それはもはや必然と言える。トップに立つポテンシャルはいつの日か彼をMLBデビューへと背中を押すことになるだろう。世界野球人のはすでに“次の覇者”に向いている。2016年3月8日に生まれたアーサー・ウィリッグだ」と紹介している。

「ESPN」は“天才打者”について「この子供は生まれて22」と紹介し、公式ツイッター動画付きで開。それが、仰だった。

 Tシャツキャップを被ったアーサー君は左打席に立ち、自分と同じくらいの長さはあろうかというバットを重そうに持っている。ところが、トスを上げられると、オープンスタンス気味の構えからバットを鋭く強振。するとマシンで捉え、右方向にボールをかっ飛ばした。1球のみならず、2球、3球璧に捉えている。

ファンから驚きの「初めまして、ミライ本塁打王」「32歳のよりずっとうまいぞ」

 天才的なバットコントロールは、まるでイチローかのよう。映像を見ると、重いながらもバットに振り負けず、しっかりとした体の軸で振り抜いている。とても1歳10かとは思えないスイングをの当たりにしたファンからも続々と驚きのが上がっていたた。

「初めまして、未来ホームラン王
「しっかりと芯をとらえてやがる…」
「コンパクトで効率の良いスイング」
「この世界の将来を背負う大砲
32歳のよりもずっとうまいぞ」

 伸びしろしかない1歳10か。果たして、20年後、MLBの舞台に立つような選手になっているのか。将来が楽しみであることは言うまでもない。(THE ANSWER編集部)

1歳10か月の天才キッズが“バットコントロール”動画が話題に【写真:Getty Images】