【元記事をASCII.jpで読む】

 ASCII STARTUPでは、「創るPR」をコンセプトに企業のPR支援を行なうマーケティング企画会社シェイプウィンとともに、広報・宣伝・マーケティングにかかわるビジネスパーソンのつながりを強化する勉強コミュニティーを実施しています。広報宣伝に必要なTIPSから、事例紹介などを定期的に共有し、プロダクトの成功に直結する広報・宣伝活動のサポートをいたします。

 ミートアップも兼ねた広報宣伝スキルアップセミナー第2回目で取り上げるテーマは「メディア研究戦略」です。思い通りのメディア露出を成功させるためには、綿密なメディア研究が欠かせません。数多く存在するメディアをどのように研究していけばよいのか、その戦略について講演いたします。

 本セミナー&ミートアップイベントは2018年2月7日(水)に開催します。

 ベンチャー、スタートアップの広報担当、ないしはマーケティング担当者などで、メディア掲載をとっていくだけでなく、仕掛けられる広報にステップアップしたいという方のご来場をお待ちしております。

PRする先のメディアのこと、どれだけ理解していますか?

 そんなお悩みを持ち、かつ広報として何を指標に業務を行なっていくべきなのかを解説いたします。

 質・量ともにメディア露出が上手くいっている企業の広報担当者は、PRする先のメディアを徹底的に研究しています。

 たとえば、テレビ東京ワールドビジネスサテライトでは、「画期的なビジネスか?」「どんな動画が撮れるか?」「なぜ今取り扱うのか?」という点に回答できないと取り上げてもらえません。

 テレビ・新聞・雑誌・ウェブメディアというジャンルだけでなく、数多く存在するメディアで共通して使えるメディア研究の方法・戦略をお伝えします。

 このメディア研究のノウハウを駆使することで、以下の効果が見込めます。

●今まで興味を持ってくれなかったメディアが話しを聞いてくれる。
●製品サービスのセールスポイントが伝わる記事が露出できる。
●製品サービスのセールスポイントが伝わる記事が露出できる。発表イベントにメジャーな媒体が次々と来てくれるようになる。

 ターゲットとするメディアを深く理解することで、メディアから頼りにされる広報になることも夢ではありません!

 セミナーでは、ソニースタイル(現 ソニーストア)でVAIO、WALKMAN、Rollyなどの広報を経験したシェイプウィン株式会社の現役PRコンサルタントが講演します。

 第2部のパネルディスカッションでは、「めざましテレビ」や「ノンストップ!」、「徹子の部屋」などを手がける現役の放送作家がスペシャルゲストとして登壇。テレビの考え方やアプローチ、そしてどうすれば相手が耳を傾けてくれるのかなどメディア側からみた取り上げたい広報PRの仕方について、トークセッション形式でお届けします。

 このセミナーはベンチャー、スタートアップの広報担当者や、広報担当を兼務するスタッフなど広報実務に従事している方を対象にしたものになります。

 講義だけでなく、名刺交換や質疑応答にお応えできるようコミュニケーションのための時間も軽食とともにご用意しております。

 ぜひ、ふるってご参加をお待ちしております。

<第2部ゲスト登壇者プロフィール>
株式会社ジヴェルニー 代表取締役
放送作家 須平敦宣氏

1971年生まれ。三重県出身。早稲田大学を卒業後、放送作家事務所「オフィスぼくら」に所属。以来、「ジャングルTV」「発明将軍ダウンタウン」「ガキの使いやあらへんで」「元祖!でぶや」といったバラエティ番組から「TVタックル」「めざましテレビ」「ノンストップ!」といった情報番組、ドキュメンタリー番組などこれまで手がけた番組は700本を超える。2018年、24年に渡りテレビ界で培ってきた「人が面白がるものを生み出す」という放送作家ならではの発想術を多方面で活かす頭脳集団「ジヴェルニー」を創業。現在多数のプロジェクトで活躍している。

TV露出のカギは?現役放送作家が語る、広報の極意