アルビレックス新潟は10日、MFチアゴ・ガリャルドとFWドウグラス・タンキの2選手について、2018年2月1日以降の契約を締結せず、2017シーズンをもって契約満了とすることを発表した。

 チアゴ・ガリャルドは現在28歳。昨季より新潟に加入して10番を背負ったが、昨年9月28日に家庭の事情でブラジルに帰国していた。2017明治安田生命J1リーグでは23試合出場3得点の成績。

 また、ドウグラス・タンキは昨年6月に新潟へ加入した24歳。2015年にザスパクサツ群馬でプレーした経験を持つ同選手は、加入後のリーグ戦で10試合出場2得点を記録した。

 新潟は昨季のJ1を17位で終え、2018シーズンはJ2での戦いとなっている。

新潟退団が決まったチアゴ・ガリャルド(左)とドウグラス・タンキ(右) [写真]=Getty Images