2018年2月2日に待望のニュー・アルバム『マン・オブ・ザ・ウッズ』をリリースするジャスティン・ティンバーレイクが、同作からの1stシングル「フィルシー」の制作裏側を捉えたビデオを公開した。

 モノクロのビデオには、ジャスティンが曲のヴォーカルをレコーディングする模様や長年のコラボレーターで、プロデューサーのティンバランドとビートを制作する様子などが捉えられている。

 ビデオの中でジャスティンは「みんなが何に反応するかよくわからないけれど、この曲に対してスタジオでどんなリアクションがあったかは覚えている」と話し、その直後にラッパー/プロデューサーのスウィズ・ビーツとともにビートに合わせてノリノリでダンスするシーンへカットする。

 『マン・オブ・ザ・ウッズ』は、ジャスティンにとって約5年ぶりの新作となり、今年3月からアルバムを引っさげた27都市を巡る北米ツアーも決定している。また、アルバム・リリースの2日後には【スーパーボウル】のハーフタイム・ショーへ出演することも発表されている。


◎Behind: Filthy
https://youtu.be/Z5Ylu4tRgk8

ジャスティン・ティンバーレイク、新曲「フィルシー」の制作裏側を公開