後期初戦でゴールの本田がツイッターを更新、ファンとも質疑応答のやり取り

 パチューカのFW本田圭佑は7日に行われたプーマスとのリーガMX後期リーグ初戦に先発フル出場し、こぼれ球に押し込む形でゴールを決めた。本田はこれが新年初ゴールとなったが、チームは2-3で逆転負け。本田は自身の公式ツイッターで「今シーズン標まで残り8点」と明かし、ファンとも質疑応答のやり取りをして反を呼んでいる。

 プーマス戦の前半39分、本田のプレスからボールを奪取したパチューカが自からカウンターを発動。3対3の状況で相手ゴール前まで攻め込み、最後は味方のシュートのこぼれ球を本田が右足で押し込んだ。

 その直後にアウェーサポーターからコップが投げ込まれたが、本田は落ちたコップを拾いピッチにそっと投げる“大人の対応”を見せ、海外メディアから称賛を浴びている。

 ここまで本田リーグ戦前期が12試合3得点、後期が1試合1得点、そして準優勝に終わったコパMXメキシコカップ)は5試合3得点の結果を残している。

 そんななか、本田は10日に自身の公式ツイッター更新。「今シーズン標まで残り8点」とると、続けて「実はこれまで達成したことがない。残念ながら。いつか言ったことを100%達成したいなと思ってる」と胸中を明かしている。

「批判は別に好きではないですが…」と胸中

 すると、この投稿ファンが反応し、様々な質問を投げかけた。標設定について問われると、「今の自分のでは実現不可能なところに標を設定しますかね」と回答。また標達成に大事なことをかれ、「標を見失わない事だと思います」と簡潔に答えている。

 さらに、批判も集まるなか、なぜ標を高く持つのかとの質問に対しては、「批判は前に進んでるなんです。なので批判は別に好きではないですが、大事な事だって思ってます」と記している。

 先日も、インドカースト制度で最下層に位置する人々の過酷な生活環境を伝えた記事を引用し、本田は「日本人は何を思う?」と提起していた。自らの意見を発信し続ける31歳のアタッカーは、自らの標を残り8ゴール言し、シーズン後期の爆発を誓っている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

フットボールゾーンウェブ