VR/AR向けコントローラーUnlimitedHand」を開発するH2L株式会社は、同デバイスNTT東レが共同開発した機素材hitoe」を新たに実装しました。同素材実装したことにより、体験時のユーザーへの高い満足度の提供と性向上に成功したとのことです。

今後、H2Lは個人向けのゲーム開発者ツールとしての展開から、本デバイスVRテーマパークなどのアミューズメント施設運営企業エンターテインメント企業に向け展開を行っていくとしています。

UnlimitedHandは、腕にリストバンドのように巻いて使用する触感コントローラーです。ゲーム向けの機器等として使用でき、センサーによって筋肉の動きを読み取り、ユーザーの腕の動きをゲームにそのまま反映させたり、電気信号によってゲーム内での触感を現実に再現する機があります。

現行の同デバイスでは、一般的な電気筋肉EMS)製品で使用されているハイドゲル電極を、皮膚への電気抵抗の低減のために使用していました。しかし、ゲル電極は、肌への粘着質な接触による不快感、燥による硬化や皮膚への電気抵抗の増大による交換等の手間、洗浄できないことによる不衛生などといった課題がありました。

そういった課題に対して、ゲル電極の代わりに「hitoe」を実装することで、デバイスの装着感や、燥による劣化を気にすることく長期間の使用が可になり、100回以上の洗濯耐性を有することによる衛生面の向上などが実現したとのことです。

また、使用者の肌の状態により十分な疑似触感が得られなかったゲル電極の動作条件においても使用可となり、触感提示の性向上にも成功したとのこと。

H2L社は「これらの性向上により、本デバイスはこれまで専門的な知識を有する開発者のみに利用されてきたが、より一般的なユーザが利用できるハードウェアになるための課題をひとつした」と発表しています。

なお、H2Lは、2018年1月9日より米国ラスベガスで開催されている、コンシューマーエレクトロニクス関連の展示会「CES 2018」にて、VRテーマパークを想定したアプリケーションを展示しています。

(参考)
H2LとNTT、機素材hitoe® を用いた新しい触感インタフェースを開発/ PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000006831.html