どら焼き専門店「嘉祥(かしょうあん)」は、どら焼きの皮をラスクに仕立て、チョコレートを染みこませた「どら焼きラスク」(380円)の販売を開始した。

【写真を見る】バレンタインやホワイトデーのギフトにもぴったりの「どら焼きラスク白/黒」も発売

嘉祥ではどら焼きの皮だけを創業当初から販売していて、多くの皮ファンからされている。この人気の皮をアレンジして専門店ならではの商品を作れないかと考える中で生まれたのが本商品。

嘉祥の「どら焼きラスク」は、職人による手焼きどら焼きの皮を、半日かけた低温燥製法により味を損なわずにサクサク・ポリポリと独特の食感を持つラスクに仕立て、さらにチョコレートを染みこませて仕上げている。製造プロセスは「焼く・切る・かす・浸す・かす」と2日がかりでようやく完成するため、1日限定30袋ほどしか作ることができない稀少な品だ。

ホワイトチョコレートを染み込ませた「どら焼きラスク 」(540円)とビターチョコレートを染み込ませた「どら焼きラスク 」(540円)の2種類が楽しめる、(1080円・2袋入)も用意している。

他では手に入らない専門店のどら焼きラスクは、バレンタインデーホワイトデーなどのギフトにもぴったり。【ウォーカープラス編集部】(東京ウォーカー篠田

どら焼き専門店から「どら焼きラスク」新発売