本田技研工業(以下、Honda)は1月10日、世界最大級の家電見本市「CES 2018」(2018年1月9日~12日、米国ネバダ州ラスベガス)で、同社の目指すロボティクスの方向性について述べた――「Hondaは創業以来、“技術は人のためにある”という信念を持ち、『人間研究』を行ってきました。その信念に基づき、ロボティクス技術は、人の可能性を拡げるものだと考えています」(本田技術研究所 松本宜之社長)。

【画像】2018年に発売の「電動スクーター」

 展示のテーマは、「3E(Empower・Experience・Empathy)」。Empowerは、「人の可能性を拡大する」という意味。人とロボティクスデバイスがそれぞれの得意領域を生かして共働することで、人に時間的、精神的、肉体的余裕が生まれ、その余裕を新たな方向に向けることで人が自らの可能性を拡大できるとの考えだ。

 Experienceは、「人と共に成長する」ということ。人がロボティクスを通して全く新しい経験をすることで成長し、ロボティクスデバイスも人から学ぶことでより人のためになるように自らを成長させていく、という考え方だ。Empathyは、「人と共感する」という意。ロボティクスデバイスが人を思いやり、共感し、人が行動するためのサポートをすることを示す。

 これらのコンセプトの実現には、「人と共調するAI(人工知能)が必要不可欠」とし、同社はこれをCI(Cooperative Intelligence/Hondaの考える人と共調するAI)と呼び、研究を進めているという。

 展示では、3Eで取り組むCI搭載のロボティクスとして、コミュニケーションロボットのコンセプトモデル「3E-A18」や、アタッチメントを変えることでさまざまな活用ができるプラットフォーム型ロボティクスデバイス「3E-B18」「3E-C18」「3E-D18」を公開した。

 3E-A18は「人との共感」をテーマにしたロボット。感情認識や表情、音、動きによるコミュニケーションを行う。特徴は柔らかい外装と丸みを帯びた形で、衝突した際の安全性や抱きしめたときの心地よさを考慮している。また、バランス制御技術とあらゆる方向に移動できる機構を搭載することで、どのような方向からぶつかっても衝撃を受け流すことができ、人と一緒にスムーズに移動できるという。

 3E-B18は、「人の可能性の拡大」をテーマにしたロボティクスデバイス。目的地までの移動をサポートする。椅子型の乗り物として活用できるほか、上部のアタッチメントを変えればベビーカーや荷物カートとしての活用も可能。坂道でも姿勢を保てる制御が備えられている。

 3E-C18は、「人と共に成長する」をテーマとしたロボティクスデバイス。3E-B18同様、上部のアタッチメントを交換することで、物販、移動広告などいろいろな役割を果たすことができ、人との関わりを通じてより人のためになるよう自らを成長させるという。

 3E-D18は、3E-B18と同じく「人の可能性の拡大」をテーマにしたロボティクスデバイス。上部のアタッチメントを交換することで、消火活動や農作業、スポーツのトレーニングサポートなどさまざまな役割を持つことができ、走破性にも優れていることから農場や山間部といった路面状況の悪い場所でも自律的に活動できるとしている。

 また、必要なときに必要な場所で電気を使えるようにするための着脱可能な可搬式バッテリー「Honda Mobile Power Pack」と、そのプラットフォーム展開も発表。複数のHonda Mobile Power Packを同時に充電できる「Honda Mobile Power Pack Exchanger Concept」や屋外で電源として活用する「Honda Mobile Power Pack Charge & Supply - Portable Concept」、非常時の電源や無電化地域での常時電源としての活用を想定した「Honda Mobile Power Pack Charge & Supply - Expandable Concept」、Honda Mobile Power Packを搭載した2人乗り小型電動モビリティー「Honda Mobile Power Pack 4W-Vehicle Concept」、Honda独自開発の高出力モーターとモバイルパワーパックを搭載した電動スクーター「PCX ELECTRIC」などを紹介した。PCX ELECTRICは、2018年にアジア地域(日本を含む)で発売予定だという。

 同社がスタートアップ企業と取り組む「Honda Xcelerator」が開発中の技術紹介では、事前に予定されていた(1)ドライバーの精神状態を把握し、自動運転時のドライビングスタイルを最適化する技術「BRAIQ」、(2)自動運転車に対し、高精細マップとリアルタイムの高精度位置情報を提供する技術「DeepMap」、(3)路上の状況認識力を高め、安全性を高める光学技術「DynaOptics」、(4)人とコンピュータ間の認識・処理技術「Tactual Labs Co.」、(5)コネクティッドカー向けの、ホログラムAR(Augmented Reality)ナビゲーションシステム「WayRay」に加え、(6)ソフトウェア追加のみで車載GPS受信機にインターネット経由で誤差補正情報を提供し、より高精度のGPS情報を取得する技術「EXO Technologies」を追加で紹介した。

 「私たちはロボティクスを使って『人の素晴らしさが際立つ社会』の実現を目指しています」(松本社長)

(太田智美)

3E-A18