日立オートモティブシステムズとクラリオンは1月9日、自宅駐車場の周辺環境を記憶する自動駐車技術「Park by Memory(パーク・バイ・メモリー)」を開発したと発表した。今後、自動車メーカーなどへの提案を通じ、新システムの早期実用化を目指すという。

駐車時の操作ミスによる自動車事故が社会的な問題となっており、人為的な操作によらない安全な自動駐車技術の早期普及に対する期待に応える技術として両社は、利用頻度の高い自宅や職場などの駐車場への自動駐車を実現する同技術を開発。

同技術は、クラリオンの外界認識技術と日立オートモティブシステムズのステアリング、ブレーキなどのアクチュエーターおよび車両統合制御技術を連携させており、車両の前後左右に装着したクラリオン独自のカメラシステム「SurroundEye」による俯瞰映像と、ソナー信号による周囲構造物の検知情報、さらにGPSによる位置情報を統合することで、駐車周辺環境と駐車パターンを記憶する。

これにより、同技術の搭載車両は記憶した駐車場に近づくと、自動駐車可能であることをドライバーに通知し、車内またはスマートフォンアプリのボタンをドライバーが押す操作だけで自動駐車できるという。

また、SurroundEyeによる画像認識情報を利用するため、白線で区切っただけの駐車スペースをはじめ、多様な形状エリアで任意の駐車スペースに自動駐車を可能としている。加えて、専用の位置情報システムのみならず、一般的なカーナビゲーションのGPS情報を使用可能なため、早期導入を容易としている。

両社は、今後も先進の外界認識や車両統合制御技術による運転支援技術の開発を強化し、自動車メーカーが加速させている自動運転車両や自動駐車技術の開発を支え、早期の実用化に貢献していく方針だ。
(山本善之介)

画像提供:マイナビニュース