元バルサ司令塔シャビがメッシの偉大さを強調「他の誰かと比較するのは残念なこと」

 バルセロナのレジェンドで元スペイン代表MFシャビ(現アル・サッド)は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの異次元の才能を、バスケットボール界の“キング”になぞらえている。スペイン紙「エル・パイス」が報じた。

 バルサとスペイン代表の黄金時代を築いたシャビは、これまでもメッシの偉大さを強調。レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの比較がなされた際には、「二人を比較するのはマドリードに住んでいる人だけだ」と断言してきたが、その姿勢は崩れていなかった。

「メッシは全てを理解しているんだ。彼を他の誰かと比較するのは残念なことなんだよ。彼は全てを支配している。スペース、時間、チームメイトのポジション、そして相手の居場所もね」

圧倒的なテクニックと局面打開、アシスト、決定力などストロングポイントは枚挙にいとまがないメッシだが、シャビによれば、それは圧倒的な洞察力がもたらすピッチの支配力にあるという。

「最高の瞬間を待ってパスをするんだ」

「以前は彼の能力と強さで対戦相手を崩していたけど、今は自然にやってのけるんだ。彼がみんなの良さを引き出すんだよ。彼にはマーカーが見えている。そして、相手が恐れていて、サポートが来るのを待っていることも知っている。彼は最高の瞬間を待ってパスをするんだ。私はレブロン・ジェームズもそういうプレーをしているのを見た。誰かがフリーになるまで引きつけるんだ」

 メッシは自分がボールを持った瞬間、二人目のマーカーが動き出すのを待ち構えて、絶妙なキラーパスで決定機を演出する。それは米バスケットボールのNBAでクリーブランド・キャバリアーズに所属するスーパースターで、“キング”と呼ばれるレブロン・ジェームズと同じ異次元の世界だという。

 そして、バルセロナにはメッシの才能を最大限に生かす環境が整っている。「我々は子どもの頃から一緒にプレーしている。どこにスペースがあって、誰がフリーなのか分かっているんだ。テア・シュテーゲンですら分かっているんだよ」とシャビ。バルサには長年ピッチで時間を過ごしてきた阿吽の呼吸が存在し、誰がどこにいるか分かっている。チームメイトが共有する「空間認知能力」こそが、メッシのストロングポイントを引き出しているという。

 メッシの天才的な才能に対抗できる選手は、もはやサッカー界には存在しないのかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

フットボールゾーンウェブ