「来場客100万人! 通勤ラッシュのようです!」

【写真を見る】今宮戎神社の十日戎

外国人から見た日本ビックリを紹介する動画ビックリ日本」(制作:ピー・キューブ)から、関西ネタをお届け。今回紹介するのは「商売繁盛でもってこい!」の掛けで有名な十日関西人とりわけ商売に携わる人にはおなじみの「えべっさん」体験の様子です。参拝客であふれかえる今宮神社に訪れたのは中国人リポーター。果たして外国人は「えべっさん」参りにどんな感想をもつのでしょうか。

「えべっさん」は、1月10日の本および、その前後の9日と11日におこなわれる社の祭礼の俗称でもあり、商売繁盛の神様としてられている七福の1人「恵寿様」に親しみを込めた呼び名でもあります。「あしたはからえべっさんいこか~」という具合に使いますよね。

リポーターも事前に習ったお参りの手順にそって、まずは本殿して歩きます。

「一番前に来たけどめっちゃ混雑しています!投げたお金がいっぱい!」

商売人は商売繁盛を、一般庭の人家内安全を願ってお参りします。ここで注意してほしいのが、無料で配っているを先にもらわないこと。本殿前は混雑しているのでを持っていると迷惑になりますよ。

リポーターは混雑している時間帯に行ったため、まるで通勤ラッシュのような人混みに流され、うしろから飛んでくるお賽銭に何度もあたりながらお参りを済ませました。

人の波をかき分けて移動し福を受け取ったら、いざ福希望を伝えて縁起物を結びつけてもらいます。

5つつけてもらって7500円になりました!

弊社所属の女性外国人リポーター2人も、プライベートで「えべっさん」に行ったそうですが「神社って静かなイメージだったけど、すごくにぎやかでさすが大阪は商売の!」「の飾りはめちゃ高い!けど福が可くて絵になるし、美人に会えて運が上がるなら良い」と満喫した様子でした。(関西ウォーカー山田亜矢子(ピー・キューブ))

福笹を持って福娘のところへ移動します