10日に行われるカラバオ・カップ準決勝ファーストレグビデオアシスタント・レフェリー(VAR)が導入される。これを受け、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が試合前に同システムについてコメントを残した。イギリスメディアイブニング・スタンダード』が伝えている。

 イングランドでこれまで使用されなかったVARシステムは、9日に行われたFAカップ3回戦で初めて導入された。そして今回、チェルシーアーセナルの試合でも使用されるという。新システム導入に関して、コンテ監督は積極的に試した方がいい、と自身の見解を示した。

イタリアでは今シーズンの初めから導入されている。サッカーをより進化させるために、いいチャンスだと思うよ」

「正しい判断が下されることはとても重要なんだ。これまでたくさんのミスジャッジがあったから、私はこの制度に賛成しているよ。最初は受け入れ難いかもしれないけど、間違いをなくすためには必要なことだと思う」

チェルシーを率いるコンテ監督 [写真]=Chelsea FC via Getty Images