【元記事をASCII.jpで読む】

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは1月10日、中小企業/分散拠点向けに性能を向上させたテーブルトップ型セキュリティアプライアンス「Firebox Tシリーズ」3製品を発表した。

 APT Blocker、TDR、IPS、アンチウイルス、アプリケーション制御といった多層的な防御を行なう製品で、中小規模の組織でのセキュリティー構築や、支社/支店などの分散拠点で導入しやすい。「T15」、「T35」、「T55」の3モデルで構成され、T35では同社従来モデル(T30)と比べ2倍、T55では従来モデル(T50)の3.1倍という大幅なUTMスループット向上が得られている。

 T35とT55は、無線LAN(IEEE 802.11ac)を内蔵しているほか、LANポートにはPoE Plusにも対応して監視カメラや無線LANアクセスポイントへの給電も可能。Fireboxライセンスパッケージとして提供され、Basic Security SuiteとTotal Security Suiteの2パッケージのほか、用途に応じたセキュリティー機能をカスタム導入できる。

さらにスループットを向上したウォッチガード「Firebox Tシリーズ」