10日、浦和競馬場で行われた第61回ニューイヤーC(3歳・ダ1600m・1着賞金1200万円)は、スタートで遅れるもポジションを上げていった本橋孝太騎手騎乗の3番人気ヤマノファイト(牡3、船橋・矢野義幸厩舎)が、3コーナーで先頭に立って後続を突き放し、2着の4番人気クロスケ(牡3、大井・柏木一夫厩舎)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分42秒8(稍重)。

 さらに5馬身差の3着に5番人気トーセンブル(牡3、船橋・山中尊徳厩舎)が入った。なお、2番人気レベルスリー(牡3、船橋・林正人厩舎)は4着、1番人気ハセノパイロ(牡3、船橋・佐藤賢二厩舎)は6着に終わった。

 勝ったヤマノファイトは、父エスポワールシチー、母ケイアイリード、その父フォーティナイナーという血統。北海道からの移籍初戦を勝利で飾った。重賞は3勝目。

【勝ち馬プロフィール】
◆ヤマノファイト(牡3)
騎手:本橋孝太
厩舎:船橋・矢野義幸
父:エスポワールシチー
母:ケイアイリード
母父:フォーティナイナー
馬主:山口明彦
生産者:山口明彦
通算成績:10戦5勝(JRA2戦0勝・重賞3勝)

移籍初戦を快勝したヤマノファイト(撮影:武田明彦)