寒くなり、あったかいお風呂が恋しい季節になってきた。最近ではお風呂だけでなく、「サウナー」と呼ばれるサウナ愛好者も増えている。

 一般社団法人・日本サウナ総研の調査によれば、月に1回以上サウナ浴をする「ミドルサウナー」人口は2017年2月時点で、1042万人に上るとされている。

 そんな人気急上昇のサウナだが、冬の季節に利用するのは要注意。そう警鐘を鳴らすのは、これまで3万人を超える下肢静脈瘤などの血管系疾患の患者を治療してきた、北青山Dクリニックの阿保義久院長。阿保院長に詳しい話を聞いた。

――なぜ、冬のサウナに気をつけたほうがいいのですか?

阿保:まず医学的な効用から説明すると、現在、医学的に認められているサウナの効用は、皮脂腺機能の管理。つまり皮膚のコンディションを整えて、体温や発汗の調節をすることだけなんです。

 よく愛好者の方が、爽快感やダイエット目的でサウナを利用していますが、現時点で、内臓機能にどこまで効果があるかはわかっていません。

――ダイエット目的でサウナに入るというのは良くないのでしょうか?

阿保:あまり良くないと思いますね。もちろん、心拍数が増えることによるカロリー消費、水分の喪失に伴う体重の減少は期待できると思います。ですが残念ながら、ダイエット効果はほとんどないでしょう。

――水風呂を使う方もいます。

阿保:水風呂はより注意が必要です。これも一度体を温めて急激に冷やすことの汗腺刺激効果はあります。けれども一方で、内臓に負荷をかけて、「ヒートショック」の恐れがあります。

 ヒートショックは急激に温度の変化を生体に与えたときに起こる症状で、これが夏場よりも、冬場に多く発症します。

――なるほど。だから冬場が危険であると。

阿保:例えば、温度の高い所から低い所へ急に移ると、血管が収縮して、血圧が急激に上がり、失神や心筋梗塞、脳卒中などの重篤な症状を引き起こしかねません。この温度の差が冬場のほうが大きいのです。

――サウナを利用するには気をつけたほうがよいのはどんなタイプ?

阿保:内臓脂肪の蓄積が多い方は、動脈硬化の発症率が高い。動脈硬化は急激に発症せず、じわじわと経年劣化的に起こるので、年齢が高ければ、高いほどリスクがあります。また、これは張り紙などで注意喚起しているサウナも多いですが、糖尿病や高血圧などの服薬治療をしている人も避けたほうがいいです。

――高齢者だと、他にどのようなリスクが考えられますか?

阿保:不整脈のリスクが急激に上がる60代以上は、急激な温度環境の変化に晒された結果、「致死的不整脈」のリスクがあります。致死的不整脈というのは、心臓のリズムが突然空回りして、いわゆる心停止が起きたのと同じ状態になることで、突然死の恐れがあります。

 あるいは、いわゆる「水抜き」目的でサウナに行くのもやめたほうがいい。サウナに入るなら水分補給はこまめにしてください。血が固まって「血栓」ができる恐れがあります。

――あまり聞き慣れませんが、「血栓」とはどのようなものでしょうか?

阿保:血栓の形成には、「血管」、「血液の成分」、「血流」の3つの要因があります。たとえば、サウナに長時間入って脱水状態になると、血液中の水分がなくなって固まりやすくなる。いわゆるドロドロ血液と言われる状態です。これが血栓の原因になります。

 また、よく長時間の飛行機のフライトがエコノミークラス症候群を引き起こすといいますが、あれは座った姿勢のままでいることで血流が滞り、足の静脈に血液が溜まって、血栓ができるのが原因です。

 これと、同じことがサウナで起こることがあります。さすがに5~6分間の滞在で起こることは少ないと思いますが、脱水状態のまま20分近くサウナに入ったりすると、足の血管にできた血栓が肺に飛んで、呼吸困難や動悸が生じるリスクがあります。

――そうならないために、オススメのサウナ浴の仕方は?

阿保:サウナに長時間入るのではなく、短時間に留めておく。あるいは、すぐに水風呂に入らず、お湯で流したり、少しずつ温度を下げたりして、徐々に体を慣らしていったほうがいいですね。これで血栓症やヒートショックの発症リスクを軽減できます。

【阿保義久】
北青山Dクリニック院長。東京大学医学部卒業。2000年に北青山Dクリニックを設立し、外科医としてのスキルを生かして日帰り手術を行うほか、病気を作らない予防医療、治癒が可能な段階で早期発見するための人間ドック、尊厳を守るがん治療としての遺伝子治療、生活の質を高めるためのアンチエイジング療法まで、質の高い医療サービスの提供に励んでいる。著書に『下肢静脈瘤が消えていく食事』(マキノ出版)などがある。公式サイト「北青山Dクリニック
<TEXT/井野祐真(本誌)>