360度カメラ「Insta360」を作る中国Arashi Visionは1月9日(現地時間)、米ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2018」で、8個のレンズを搭載したプロフェッショナル用VRカメラと、128個のレンズを搭載したライトフィールド(3次元撮影)カメラのプロトタイプを初披露した。

【その他の画像】

 プロ用VRカメラの名称、発売日は未定。価格は約1万2000ドルを予定している。フォーサーズサイズのイメージセンサーを採用しており、全天球動画を「10K以上」の解像度で撮影できるという。詳細は後日発表予定。

 ライトフィールドカメラのプロトタイプは、128個のカメラを長方形のグリッド上に配置し撮影することで、再生時に視点を上下、左右、前後に移動できるという。移動可能な距離は約0.5メートル。例えば、人の顔を正面から見ているときに少し横に移動して斜めから顔を見られるようになるという。ライトフィールド技術に関する製品の情報は「後日共有する」としている。

8個のレンズを搭載するプロ用VRカメラ