GLKクラスの後を受け継ぎ、2015年に「CクラスSUV」を掲げて登場したメルセデス・ベンツGLC2016年日本に上陸し、その年はかなり売れたそうで、現在も同ブランドSUVとして最も人気があるとしています。

詳細画像はこちら

発表会が開催されたAMG東京世田谷は、世界初のAMG専売店として2017年オープンし、約4500名が来場し、SNS拡散などにもあって大きな反があったそうです。なお、同店舗のオープンもあって日本でのAMGの販売状況は、対前年21増の約6800台となっています(なお、世界では+33増)。

2017年に入ると、ボルボXC60アウディQ5/SQ5、BMW X3とライバルが次々とフルモデルチェンジを受け、競争が化しているのは容易に想像がつきます。2018年1月10日に追加されたGLC/GLCクーペの「GLC 63 4MATIC+」、「GLC 63 S 4MATIC+」は、同モデルイメージを引き上げるトップグレードであり、ミドルサイズSUVとして初の「63シリーズとなります。

詳細画像はこちら

搭載されるエンジンは、メルセデスAMG GTと基本設計を同じくするAMG 4.0L V8直噴ツインターボで、トップモデル「S」系は510ps/700Nm、それ以外の「63」系は476ps/650Nmを発揮。なお、トランスミッションAMGスピードシフトMCT(9AT)が組み合わされます。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

駆動方式はハイパフォーマンスモデル向けの4WDAMG 4MATIC+」が組み合わされ、「S」モデルには「AMGリミテッドスリップ・デフ」も用意されます。

ほかにも、「AMG RIDE CONTROL スポーツサスペンション」やコンフォートスポーツレースなど計5モードえる「AMG ダイナミックセレクト」なども装備。

外観では、メルセデスAMG GT 以外のモデルで初となる「AMG パナメリカーナグリルメルセデス・ベンツ300 SLに由来)」が採用されるほか、21インチAMGクロスポーク鍛造アルミホイールなどがを惹きます。

価格は「メルセデスAMG GLC 63 4MAITC+」が1247万円、「メルセデスAMG GLC 63 S 4MAITC+」が1455万円、「メルセデスAMG GLC 63 4MAITC+ クーペ」が1284万円、「メルセデスAMG GLC 63 S 4MAITC+」が1485万円です。※写真は導入限定の「Edition 1」です。

(文/写真 塚田

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【新車】「CクラスのSUV」人気SUVのGLC/GLCクーペに「GLC 63 4MATIC+」「GLC 63 S 4MATIC+」が追加(http://clicccar.com/2018/01/10/547435/)