1月の風物詩「第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」が10日、東京・新宿の京王百貨店で始まった。全国44の都道府県(今年は徳島、山口、沖縄を除く)と海外は台湾から300以上の駅弁が集まる全国最大の駅弁大会だ。

 1966年(昭和41年)から続くこの大会はいまや売り上げが6億円超、フードフェスブームの先鞭をつけたモンスターイベント。いまや“駅弁の甲子園”と呼ばれ、マスコミにも多く登場し、全国にその名を轟かせている。

 53回目の今回も、新作弁当がお披露目となる“対決モノ”が用意されている。目玉は東京、大阪、そして熊本の百貨店で行われている駅弁大会を記念し、開催している3店舗がそれぞれオリジナルの駅弁を作り、競うというものだ。

 その他ウニをふんだんに使った弁当の「ウニ対決」、焼いた海鮮しばりの「焼き対決」など、折込チラシを見ているだけで垂涎のイベントとなっている。

 また、限定パッケージの駅弁、復活&リニューアルした駅弁、昔からの定番人気駅弁。お客さんの目の前で調理される実演販売、全国各地から直送される「輸送駅弁」コーナーなどがある。また駅弁以外にも全国のうまいものが販売されていたりと、毎日通っても飽きないほどだ。

 記者も毎年この駅弁大会に馳せ参じており、今年も開店1時間前には行列に並び、注目の駅弁をゲットした。今回のメイン企画である「人気駅弁大会3店舗合同企画 新作牛肉駅弁対決」で実演販売されている3駅弁を大人買い。早速試食した。

 今回、対決駅弁の題材として選ばれたのは「牛肉」。しかも調理方法も厚切り焼き肉と、すきやき風の薄切り肉をそれぞれ入れるという徹底ぶり。例年対決モノでは懸念されていた値段のばらつきも、今年は「1500円」と合わせてきており、プライドを賭けた「ガチ対決」の様相を感じる。

 トップバッターは、大阪・阪神百貨店。2001年から、提携の京王百貨店のノウハウを得て始めたと言われる駅弁大会は今年で18回目。毎年1月後半に1週間の会期で約300の駅弁を集めて開催されている。その阪神百貨店が監修し製作したのが「酒乃蔵 牛肉弁当」(兵庫県 東海道本線 神戸駅/1500円)。神戸・灘の酒蔵「福寿」の酒粕を使った肉弁当だ。

 酒粕をイメージした洒落た容器に、酒粕と味噌が香るすき焼きと、厚切りの牛肉ステーキが載った逸品。ステーキには特製のわさび漬けを乗せて食べるという趣向。胡椒の利いたジュレ状のたれをたたえたステーキはそのまま食べても充分旨いが、わさび漬けを載せて食べると格別。ツンと鼻に抜けるわさびの香りがステーキの味をより引き立てる。

 続いてすき焼き。甘だれからしっかり香る酒粕の風味。酒粕が加わることによって、たれのコクが重厚に感じられる。下に敷かれた醤油で味付けられた飯がガンガン進む味だ。付け合せの煮玉子にもしっかりとタレの味が染みており、大満足。同じブースで売られていた日本酒「福寿」と合わせれば、豪華な“飲み駅弁”として立ち上がってくることうけあいだ。記者は日本酒とともに味わう駅弁としておすすめしたい。

 お次は、熊本の老舗・鶴屋百貨店。同店の駅弁大会は京王百貨店より1年早い、1965年から開催されている駅弁大会。2月の初旬から約2週間、100種類を超える駅弁が販売される由緒ある大会だ。

 その老舗百貨店が監修したのは「熊本あか牛と鹿児島黒毛和牛の牛肉めし」(鹿児島県 九州新幹線 出水駅/1500円)。熊本の百貨店監修だが、調整元は鹿児島の老舗。おそらく九州新幹線沿線での販売をイメージしたものだろう。

 黒と赤の勇ましい掛け紙を外すと、艷やかに光る厚切り肉が目に飛び込んでくる。「同封のわさびと特製醤油ダレ、2つの味で食べてみてください!」と購入時お店の方が仰っていたことを思い出す。早速、わさびを肉にチョン! そのまま口に運ぶ。わさびと炭火の香りが口いっぱいに広がり、肉を噛めば柔らかでジューシー。冷めた弁当なのに、ここまで肉の旨さを感じるものかと驚く。2切れ目は、特製醤油で。甘めの醤油ダレが炭火焼きによく合う。たっぷり浸してごはんに巻いて食すもまた良し。

 下に目をやると、濃厚な香りをたたえた黒毛和牛のすき焼き。鹿児島県産の醤油と鹿児島地酒「高砂の峰」を合わせた甘めのタレに噛みごたえのある厚さの和牛。脂の甘みをしっかりと感じる。一緒に煮込まれたごぼうがいいアクセントとなっている。付け合せの辛子高菜といっしょに食べても実に旨い。濃い目の味はビールと合わせたい。後半は赤ワインでも良いか。黒毛和牛とあか牛が入って1500円は、コストパフォーマンス的にも素晴らしいのではないだろうか。

 最後は京王百貨店。元祖駅弁大会を開催する百貨店が監修したのは「米沢牛 伝統の百年焼肉弁当」(山形県 奥羽本線 山形駅/1500円)。118年の歴史を持つ調整元・松川弁当店(なんと実演での駅弁大会初出場!)、創業141年の味噌醸造元・平山孫兵衛商店、創業147年の蔵元・新藤酒造店の日本酒と、米沢で100年以上続く老舗がタッグを組んだ、“重みのある駅弁”だ。

 掛け紙を外すと最初に目に飛び込んでくるのは、味噌粕に漬け込まれた米沢牛の焼肉。味噌粕がたっぷりとまぶされており、濃い味を想像していたが、さにあらず。粕のおかげか驚くほど柔らかい牛肉。予想外の軽い食感に驚かされる。隣には醤油ベースのタレに味噌と酒粕でコクを出して仕上げたというすき焼きが。ふわっと香る酒粕の風味が実に旨い。酒粕風味のすき焼きは初めてだが、こんなに芳醇だとは。下に敷かれた白米は山形県産はえぬき。冷めていても風味は抜群! すき焼きと合わせて、また焼肉をロールして、パクパクと食べてしまった。

 この3種の駅弁は京王~阪神~鶴屋百貨店、3店の駅弁大会を通じて実演、販売されるそう。販売個数は2月末の鶴屋百貨店の大会終了後に発表されるという。初のガチ駅弁対決の結果を記者は非常に楽しみにしている。

 駅弁記者は明日以降も会場に出没し、注目の味、鉄板の味、隠れた逸品、珍品をレポートします!
 <取材・文・撮影/駅弁記者(参加=11年連続16年目)>

「酒乃蔵 牛肉弁当」(兵庫県 東海道本線 神戸駅/1500円)