俳優の志尊淳が、女優の永野芽郁がヒロインを務める2018年度前期NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で朝ドラに初出演することが10日、明らかになった。東京・胸騒ぎ編のキャストが発表され、志尊のほか、豊川悦司、井川遥、清野菜名、中村倫也、古畑星夏が出演する。

志尊淳

2018年4月2日から9月29日まで全156回を放送する同ドラマは、人気脚本家・北川悦吏子氏のオリジナル作品。北川の故郷でもある岐阜県と東京を舞台に、失敗を恐れないヒロインの楡野鈴愛(にれの・すずめ)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜けていく姿を描く。

志尊が演じるのは、鈴愛の師となる少女漫画家・秋風羽織(豊川)のアシスタントで、鈴愛の戦友となるアシスタント仲間・藤堂誠。ゲイの美青年で、「ボクって・・・」が口癖なので"ボクテ"と呼ばれている。アマチュア時代に「金沢の鬼才」と呼ばれたほどの実力を持つが、親からは「早く結婚して家業の呉服屋を継げ」と言われている。さまざまな人生経験をしているせいか、言うことが結構深い。

志尊は「『半分、青い。』の世界で生きられることをとても幸せに感じております」と喜び、「素晴らしいキャストの皆さんの中でしっかりとボクテくんという存在を確立し、ボクテくんの魅力を沢山の方々に届けられればなと思っております。念願の朝ドラ。今からワクワクしております。皆様、楽しみにしていてくださいっ!」と初の朝ドラに胸を膨らませている。

また、秋風の仕事上の(?)パートナー・菱本若菜役には井川遥が決定。そして、鈴愛の生涯の親友となるアシスタント仲間・小宮裕子を清野菜名、女泣かせなゆるふわイケメン・朝井正人を中村倫也、鈴愛の幼なじみ・律(佐藤健)が運命を感じる美少女・伊藤清を古畑星夏が演じる。

画像提供:マイナビニュース