東京急行電鉄(東急電鉄)は、2018年1月9日、有効期間が12か月の定期券を発売するため、旅客運賃の設定認可の申請を関東運輸局長あてに行ったことを発表した。


ところがネット上では、割引率の低さなどに言及する声が多く、12か月定期券に対する見方は厳しい。

ほとんどは6ヶ月定期の2倍の金額

東急電鉄の発表によると、12か月定期券の販売には、購入回数を減らすことで利用客の利便性向上を図り、定期券売り場での混雑を緩和する狙いがある。3月17日より発売が開始される予定だ。

発売区間は他社線連絡定期券を除く東急線全線で、価格は1か月定期運賃を12倍した価格の1割引き。10円未満の端数は切り上げとなる。

ただ、金額を見ると6か月定期券の価格の2倍となっているものがほとんどで、ネット上では、

12ヶ月定期だと6ヶ月定期よりさらに安くなるのかなと思ったけど、ほぼ一緒か
- じょうも (@Bluewonder_AO2) 2018年1月10日
東急の12ヶ月定期券の割引率は6ヶ月定期券と何ら変わらないので買いに行く手間が省ける程度のメリットしか無い
- なかなみ@2/17十日町 (@nakanamiP) 2018年1月9日
ただ、特に通学の12ヶ月定期の場合は4/1に購入しないと以降は年度跨ぎ起こして面倒なことになりそう(通学定期券は年度跨ぎしての発行基本駄目だし)
- めぐろ?(?*"`o ? o´"*)? (@meguro_N01) 2018年1月9日
東急が12ヶ月定期販売するらしいけど、定期区間に東急以外も含まれてるから自分からしたら意味がない
- きょうばて (@kyo15bate) 2018年1月9日
12ヶ月定期券!??
......こんなもの出されたら、一気にうん十万支出しなければいけなくなるじゃないか、こんなのきついぞ。(磁気だと無くしたらTHE ENDとなる。同券種を買わないといけない会社だとかなりきつくなるのでは。私の会社もなくしたら同券種で買わないとアウトなのでヤバい)
- fanvio (@fanvio) 2018年1月9日

と、割引率の低さなどに着目する向きも少なくない。もちろん、

年パスって!!!!!!12ヶ月定期を年パスって言った人どなた!!!!最高です!!!一人で笑ってる!!!!!!TQ王国の年パス!!!!!!!
- さくらぎ まめか (@skrgmmk) 2018年1月9日

と好感する声もある。