エアバスが開発している貨物機「ベルーガXL」が組み立て工場からロールアウトし、2018年の中ごろには初飛行する見通しです。「シロイルカ」の異名を持つ大輸送機の後継となる新には今後、「笑った顔」もペイントされます。

飛行機の翼も運べるほどの大きさ

ヨーロッパを拠点とする航空機大手のエアバス2018年1月9日(火)、次世代貨物機「ベルーガXL」初号機が組み立て工場からロールアウトしたと発表しました。この初号機はすでに地上での動作試験に入っており、2018年の中ごろに初飛行する見通しです。

「ベルーガXL」は、航空機部品輸送を的とした大輸送機であるA300-600ST「ベルーガ(ベルーST)」の後継機で、2014年から開発されています。航空機を運べるほどの大きな貨物室を備え、その外見から「シロイルカ」を意味する「ベルーガ」の称が付けられています。

エアバスによると、「ベルーガXL」は全長61.1m、胴体直径8.8m、最大離陸重量227tで、現行「ベルーST」とべて6m長く、直径は1m広くなるといい「現在ある航空機のなかで最も大きく、ボリュームある機材のひとつ」としています。これにより、同社の中機A350 XWBの両をいちどに運ぶことが可になるといいます。

「ベルーガXL」は、既存のA330-200をベースに造られており、すでに2号機となる予定のA330-200も、フランストゥルーズの組み立て工場に到着しています。最終的には5機が製造される予定です。

また初号機には今後、シロイルカのようなとともに、にっこりと笑った“顔”がペイントされます。このデザインエアバス従業員による投票によって2017年に決定されています。

ちなみに、世界最大の飛行機ウクライナ航空機メーカーであるアントノフソビエト連邦時代に開発したAn-225「ムリヤ」で、全長は84.0m、貨物室の幅は6.4mあり、最大離陸重量は600tとされています。

組み立てが完了し、地上試験に入った「ベルーガXL」初号機(画像:エアバス)。