別居が報じられたのが16年11月。「やましいことはない」とっていたはずだが‥‥。

 1月10日発売の「週刊文春」が、フジテレビ秋元優里アナが同局プロデューサーと“野趣あふれる”瀬を重ねていることを報じた。

「記事によるとクリスマス秋元アナはこの男性デートを満喫。横浜市郊外に向かうと、男性は外に出ることなく助手席の間をすり抜けて後部座席の女性のもとへ。そのまま30分以上停していたから聞こえていたのは、むサスペンションの音だったそうです。2人はその2日後、箱根湯本の温泉施設にも厳重に警しながら訪れています。さらに1月4日、2人の姿は横浜郊外の中。で小屋の中に侵入すると、やはり内で30分ほど過ごしたそうです」(芸ライター

 秋元アナはまだ離婚が成立しておらず、相手のプロデューサーも妻子がいる身のW不貞だ。この報道に、フジテレビは「単なる相談相手と聞いておりますが、誤解を与えるような軽率な行動に対する責任を取って当面の間、番組出演を見合わせます」としている。

 かつて、自身の不貞報道に「やましいことはない」とっていた秋元アナ。報じる立場の人間として、この一件についてきっちり釈明していただきたいものだ。

アサ芸プラス