1月のテスト週間が終わったら、2月3月は大学が春休み。いま学校に好きな人や気になる人がいる人にとっては、これからの2カ月会えなくてさみしいし、彼女ができちゃうかもしれなくて不安……という気持ちもあると思います。

いきなり告白しちゃうのはリスキーだから、春休みに向けて彼と自然に話したりLINEができる関係になっていくために、さりげなく接近する作戦を解説していきたいと思います。

1月中に彼と話したり接近するための作戦

学食にいたらアイコンタクトする!
めちゃくちゃ初歩的だけど、男子に自分のことを意識してもらえる方法がアイコンタクトです。彼が学食にいるのを発見したら、遠くからでいいので1日1回は目を合わせていくようにします。

ただし、真顔でじーっと見つめてしまうと怖い印象になるのでNG。こっちはこっちで友だちと話しながらときどき目線を彼のほうに飛ばして、たまたま目が合ったようなていを装うのがおすすめです。

授業で近くの席に座ってみよう!
まだあんまり仲良くない男子に雑談で話しかけるのって、けっこうハードルが高いもの。一緒に受ける授業があるときは、ぜひ勉強の内容にからめて話しかけてみましょう。
話題が見つからない場合は、シャーペンを借りる程度でもいいので、少しでも話すキッカケを探ってみて♡

授業のあとも続きを話す
授業が終わったら、内容にからめてどうにかなにか話してみましょう。「テストどうなるのかなー」とか「この授業適当に取っちゃったけど、意外と面白くてよかった」とか「ノートすごくきれいに取ってるね」とか、軽い話題がいいと思います。
気軽に会話することで、まずは彼に自分の存在を認識してもらいましょう。

彼が授業を休んだらそれもチャンス

せっかく一緒の選択授業なのに彼が休んだときって、さみしくてその日は損した気分になったりしますよね。でも、そんな日こそアプローチのチャンスです。
授業中にレポートやテストに関するインフォメーションが出ていたらそれを知らせたり、ノートを見せてあげたりしてみて。

最初は恋愛っぽさを出さずに、あくまで親切で声をかけていく感じにすると、男子から警戒されにくくなります。

出席カードの授業なら代返もアリ
出席カードの提出で出欠を取ってる授業なら、代返してあげることをきっかけに彼とコンタクトを取るのもおすすめ。
気になる人に「代返しとこうか?」ってLINEして学籍番号を聞いて、手元に余ってる出席カードに書いて出してあげる……という作戦です。大きな声では言えないけど、出席の数があやうい男子ならかなりよろこんでくれると思います。

名簿が回ってきて○を付けるだけの方式なら、彼の名前の欄にも書いてあげて、「出席の○付けといたよ」ってさらっと報告してみましょう。


春休みまえ駆け込みで、好きな人にさりげなくアプローチする作戦についてみてきました。1月中に会話やLINEを自然にできる距離感に入れたら、長い休みの期間に彼とちょこちょこLINEでやり取りを続けたり、ごはんに誘うのもナチュラルな流れでできるようになります。

玉砕せず着実ていねいに! 地道なやり方にはなりますが、学食や教室で作れるちょっとしたキッカケを入り口に、気になる人へのアプローチをスタートしてみてください♡
(由井妙/studio woofoo)
(C)LAURIER PRESS