化粧品メーカーのファンケルは4月1日から地域限定正社員制度を新設し、店舗の契約社員の雇用区分を廃止する。これによって全国204店舗(2017年12月末時点)で働く全契約社員971人(同)が正社員となる。販売サービス業の人材不足に伴う採用競争力強化が狙い。

【その他の画像】

 地域限定正社員は、原則転居を伴う異動がないため、担当地域で継続的に働けるのがメリットだとする。加えて、雇用期間が有期から無期になるほか、賞与(年2回)の支給ルールが平均1.9カ月/年から平均2.7カ月/年に改定(17年実績より試算)、休日日数が113日から120日に増加するなど処遇が改善されるという。

ファンケルのWebサイト