大阪府立登美丘高校ダンス部による“バブリーダンス”動画(https://www.youtube.com/watch?v=Lxr9tvYUHcg)がきっかけでリバイバルヒット中の荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」(ビクターエンタテインメント/1985年11月21日発売)が、初のカラオケ1位を奪取した。

同曲は、昨年11月13日付けのオリコン週間カラオケランキング43位に初登場。リバイバルの話題とともにランクアップし、12月11日付けでは初のTOP10入りとなる10位にランクインした。

その後、1月1日付け、1月8日付けでは2週連続の3位を記録。そしてついに、今週発表の1月15日付けのオリコン週間カラオケランキング(集計期間:1月1日〜7日)で、初の1位に輝いた。

オリコンのカラオケランキングは1994年12月26日付けからスタート。カラオケメーカー(調査協力:第一興商[DAM総合]、エクシング[JOYSOUND])から提供された各楽曲のリクエスト回数をもとに毎週集計している。