先輩選手と同場所での練習に「やっと一員な感じがしました」

 日本ハムドラフト1位ルーキー清宮幸太郎内野手が10日、千葉で新人合同トレ2日を終えた。午前中にはグラウンドで体幹トレーニングやキャッチボールで汗を流し、午後はウエートトレーニング。その後グラウンドでクールダウンを行い、報道の取材に応じた。一問一答は次の通り。

‐‐2日が終わったが、体の状態は。

「全然問題ないです」

‐‐今日昨日と違って、外でのトレーニングだったが。

「気持ち良かったです。いろんな先輩方もグラウンドに来てやっていったので、やっと一員な感じがしました」

‐‐大谷選手も同じグラウンドでトレーニングをしていたが。

「信じられない感じというか。いるからどうというわけではないんですが、大谷さんに限らず、みんなテレビで見たことがある人ばかりなので、そういう人たちと一緒にいると、不思議な感じです」

‐‐昨日大谷選手とあいさつできていないと話していたが、今日あいさつはできたか。

昨日しました。。『短い間だけどよろしく』って」

‐‐少し話はできたか。

「いや、それぐらいです」

‐‐実際に話してみての印は。

「大きかったです」

‐‐今日練習では坂を駆け上がるメニューもあった。

「むやみやたらじゃないというか。質を重視しているということで、自分もいい感じで走れました」

‐‐明日は新人研修で、他球団の同期と会うが、どんなことを話したいか。

「寮の感じとか、練習の感じとか、話す機会があれば、話したいと思います」

‐‐明日休んで、明後日からメニューも変わってくると思うが、あらためて意気込みを。

「怪なく、かつ徐々に状態をしっかり上げて、2月キャンプからしっかりいい状態で入れるように1日1日駄にせず、やることしっかりやって良くなればなと思っています」(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

鎌ヶ谷で自主トレを行う日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】