2.5次元舞台で活躍するイケメン俳優たちが集結し、バンド青春をかける若者たちを演じるTVドラマ『御水ロック』。錚々たる顔ぶれの中、演を務めるのは、出演舞台のチケットが争奪戦になるほど人気を誇る佐藤流司だ。オリジナル脚本でのTVドラマ演となる佐藤が、本作への思いをった。

【関連】『御茶ノ水ロック』佐藤流司インタビューフォトギャラリー

 本作は、『男!』に続く、TVドラマ&舞台の連動企画第2弾。すれ違い、互いのを違えてしまった兄弟を中心に、トップバンドマンたちを描く。

 今、2.5次元舞台では、ライブパートが話題をさらい、音楽が作品の人気を牽引するほどの存在となっている。その中にあって、佐藤は高い歌唱を持つ俳優の一人だ。自身がボーカルを務めるバンド「The Brow Beat」としても1月1日デビューを果たし、ミュージシャンとしても活動する。そんな佐藤だけに、本作のオファーを受けた時を、「好きな役者というお仕事と、昔から好きな音楽を同時にできるというのはこの上なく嬉しかったです。こういう機会ってそうそうないと思うんで、巡り会えてよかったなと思います」と振り返る。

 本作で佐藤が演じるのは、「ダイダラボッチ」というバンドボーカルを務め、武道館して地な活動を続けている片山始。佐藤は「オリジナル脚本なので、役作りって何をすればいいのか、全くわからなくなってしまって…。とりあえず糖質制限をして、4キロ削るところから始めました。ロックなんで(笑)」と苦笑いで明かす。一方で、「始というキャラクターは実直で素直、な人物なので、ビブラートや抑揚、しゃくりをつける歌い方じゃないと思いました。歌詞がスッと入るように歌う。いわゆるロックンロールスタイルで、魂で歌う、ということを意識して歌っています」と徹底した一面も見せる。第2話では、まさに佐藤の言葉通りの歌が聞けるので、お聴き逃しなく。

 ちなみに、始がクセのありすぎる歌い方でバンドメンバーたちを驚かせるシーンでは、「3テイクぐらい撮影しました。今回、一番テイク数が多かったのがあの場面です(笑)」という。「めちゃめちゃ細かな演出が入りました。監督のこだわりポイントなんだと思います。その撮影の時、たまたま、風邪ひいてたんですよ。最低のコンディションだったんで、逆に良かったです(笑)」。しい佐藤の歌も要チェックだ。

 本作は、TVドラマ放送後の3月30日4月15日にはキャストたちが生演奏を見せる舞台演も予定している。キービジュアルでの佐藤ギターを抱えて写っており、本作でもバンドでは元々、ギターを担当していたという設定だ。それだけに佐藤によるギターの生演奏も期待されるが、佐藤は「(舞台でも)ギターは弾きませんと高らかに宣言しておきます!」と断言。「マジで弾けないです、(笑)素人よりちょっと下ぐらいですからね、不器用なんです」と意外な言葉も聞かれた。

 2017年を「いろんな仕事で行かせていただいて、いろんな方面のお仕事をたくさんやらせていただいて、グロバルな1年だった」と振り返った佐藤。「は、明日のことしか考えられないタイプなんで、先のことより、今日、生きることで精一杯って感じなんです(笑)。なので、2018年も行き当たりばったりな1年を過ごしていきます(笑)」と2018年標をる。そして、役者としては、「一番になりたいですね」と明かす。「絶対的な存在になりたいんです。一つ、突出しているものがあって、絶対にこの役はじゃなきゃダメだと思ってもらえるような役者になりたいです」。(取材・文・写真嶋田己)
 
 TVドラマ『御水ロック』は2018年1月10日26時35分からテレビ東京ほかにて放送開始。

スタイリング(impiger)
衣装/GOSTAR DE FUGACIVARIZE

『御茶ノ水ロック』佐藤流司インタビュー クランクイン!