昭和63年、暴対法成立直前の広島暴力団系列の融会社社員の失踪事件を追う刑事たちの姿や暴力団の抗争模様を描き、第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚裕子さんの『孤の血』が、『悪』『日本で一番悪いら』などで知られる白石和彌監督により映画化。2018年5⽉12⽇開が決定しています。

公式サイトでは、映画特別コラムとして『club梨⼦杯!』を開。原作にはないキャラクターチーママ視点で、当時の広島空気や、役所広司さんが演じる暴力団係班長の大上章松坂桃李さん扮する暴力団巡査の⽇秀⼀のことをっていくほか、当時の裏社会の雰囲気やオトコオンナの関係までを教えてくれるという内容になっています。

映画で『club梨子』のママ高木里佳子役真木よう子さんが演じますが、それとはまた別の視点広島の裏社会トリビアを教えてくれるこのコラム。映画も役所さん、坂さん、木さんのほかに賢⼀さん、⾳尾琢真さん、駿太郎さん、中村倫也さん、中村獅童さん、⽮島健⼀さん、⽥⼝トモロヲさん、ピエール瀧さん、⽯橋さん、江⼝洋介さんとキャストっているので、原作小説と一緒にこのコラムを読んで想像を膨らますというのがよいのではないでしょうか。

Club 梨子映画『孤の血』公式サイト
http://www.korou.jp/club-riko/ [リンク]

―― 表現する人、つくる人応援メディアガジェット通信(GetNews)』