【第60回グラミー賞】で2部門にノミネートされているイマジンドラゴンズが、2018年1月9日東京体育館で自身初の単独来日演を開催した。

 2017年に最も売れたロックバンドイマジンドラゴンズ。全1位を記録した最新アルバムエヴォルヴ』を引っ提げたワールドツアーのため日本に戻ってきた彼らが、ここ日本プレイするのは、【サマーソニック2015】以来、約2年半ぶりだ。2013年日本デビュー以降、サマソニに2回出演していたものの、単独演は今回が初となり、遂にその時が来たか、と演発表から首を長くして待っていたファンも多いことだろう。筆者もその内の一人である。ライブへの期待が高まる中、ショーは『エヴォルヴ』1曲の「アイドント・ノウ・ホワイ」からスタートバンドメンバー4名の登場に奮するオーディエンス。どこもかしこジャンプスクリームだ。奮冷めやらぬ中、彼らのメジャーヒット曲「イッツ・タイム」を2曲に持ってくるというセットに、くも会場のボルテージマックスに到達した。

 ライブは『エヴォルヴ』の楽曲を中心に構成されたが、過去アルバムから外せない楽曲も披露された。幼少期からトラウマや不安に悩まされていたというヴォーカルダンレイノルズはMCで「人生には生きる価値がある。セラピーに通うことは決して格好の悪いことなんかじゃない。君はひとりじゃない」と強いメッセージを届けた。そのコメントからの「ディーモンズ」は、どの観客の心に突き刺さるパフォーマンスとなったことは確かだろう。

 「オントップ・オブ・ザ・ワールド」でもう一度奮を取り戻すと、バンド一行は客席を通ってアリーナ後方へ。これまで「日本が大好き」と言してきたイマジンドラゴンズだが、その本気度は「トーキョー」という曲を作るほどだ。(この曲はデビューアルバム『ナイト・ヴィジョンズ』日本盤にボーナストラックとして収録されている。)記念すべき単独初来日演で、「長年この曲を歌ってこなかったけど、ここ東京で歌わないわけにはいかない」と、その「トーキョー」も披露してくれた。「あまりにも歌ってこなかったから上手く歌えるか曖昧だな。みんな助けてくれる?」と少し不安を見せたダン。幾度か出だしをやり直したが、オーディエンスは携帯電話ライト援で温かく迎え、その後はノーミス。観客にとって、かなり嬉しいパフォーマンスとなった。アコースティックで数曲歌い、またメインステージへ。そこからの「サンダー」、「ビリーバー」という流れは“無敵”と思えるほどパワフルなものだった。

 何度もオーディエンスの奮をピークに導いてくれたバンドメンバーは、アンコールでその上を行くステージを展開。やはりライブを締めくくるのは、最大のヒット曲「レディアクティヴ」だ。ある意味、代名詞であった和太鼓演奏が、今回はクリアドラムチェンジされていたが、その迫は変わらない。会場を大いに揺らし続けたライブはおよそ2時間に渡って繰り広げられたが、陰矢の如しとは、まさにこのこと。日本ファン璧にノックアウトしたイマジンドラゴンズは、この後もアジアヨーロッパ、南アメリカツアーを控えている。日本時間1月29日に発表される【第60回グラミー賞】では、「最優秀ポップアルバム」と「最優秀ポップパフォーマンスグループ)」にノミネートされており、その結果に注したい。2018年も引き続き、世界中で彼らに魅了される人が続々と生まれることだろう。

Photo: MITSUHIRO GONDAI


◎【IMAGINE DRAGONS EVOLVE WORLD TOUR LIVE IN JAPAN情報
日時:2018年1月9日(火)OPEN 18:00/START19:00 ※終了
場所:東京体育館

イマジン・ドラゴンズ待望の初単独来日公演レポート、日本愛を感じるパフォーマンスに観客大熱狂