原子力規制委員会は10日、日本原子力研究開発機構の研究炉「定常臨界実験装置」(STACY、茨城県東海村)について、再稼働に必要な審査の合格を保留した。仕様変更で使わなくなるプルトニウムの保管に関し、原子力委員会から「利用目的のないプルトニウムは保有しない原則に誤解を生じさせかねない」と指摘を受けた。原子力機構から補正申請を受けた後、改めて判断する。

 核兵器の材料にもなるプルトニウムについて、日本は平和利用原則の下、ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料などの使用目的がなければ保有しない方針を取っている。

 STACYは核燃料の臨界データ採取や教育訓練用の試験研究炉。粉末状MOXを溶液にした燃料を使っていたが、固形燃料方式に改造し、MOX粉末は施設内に保管するとして申請した。