●X1 Carbonはサイズそのままながら中身が進化
Lenovoは1月8日(米国時間)、ビジネス向けノートPC「ThinkPad」のプレミアムラインである「ThinkPad X1」シリーズの2018年モデルを発表した。実機展示を基に、従来製品と何が変わったか紹介する。

2018年モデルに共通する特徴として、内部的なところから説明すると、CPUが第8世代のIntel Coreプロセッサに刷新し、パフォーマンスや電力効率が向上した。また、ハイエンド構成ではHDRをサポート。輝度のレンジが広く、色の再現が高い。

Amazonの音声アシスタント「Alexa」に加えて、音声での起動に対応する360度のFar-Fieldマイクを搭載する。なお、実際のAlexa対応は米国で2018年前半を予定する。

さらにThinkPad X / T / LといったClassicモデルと同様に急速充電に対応。65Wのアダプターの場合、60分で80%まで充電できるという。例えばThinkPad X1 Carbonは最大15時間の長時間駆動をうたうが、バッテリーが切れても1時間の充電でさらに12時間の駆動が可能になる。

外観面では従来の「Lenovo」ロゴが「X1」のロゴに変わっている。Classicモデルも薄型化していることから、違いをはっきりさせるためのデザイン的アクセントといえるかもしれない
○ThinkPad X1 Carbon 2018年モデル

クラムシェル型のThinkPad X1 Carbonは、2018年モデルで第6世代を迎える。2017年に投入した第5世代では、狭額縁ディスプレイを採用することで大幅な小型化を実現した。第6世代ではその本体サイズを引き継いでいる。

アップデートの大きなポイントはディスプレイだ。2018年のThinkPad X1 Carbonでは、選択可能な液晶パネルとして次の4種類から選択できる。

フルHD(1,920×1,080ドット)IPS / タッチ対応フルHD(1,920×1,080ドット)IPS / WQHD(2,560×1,440ドット)IPS / Dolby Vision HDR対応WQHD(2,560×1,440ドット)LTPS(Low Temperature Polycrystalline Silicon:低温ポリシリコン)。

Dolby Vision HDR対応のノートPCは、ThinkPad X1 CarbonとThinkPad X1 Yogaが初めてで、最大500nitの高い輝度を実現しつつも、駆動時間への影響は300nitのディスプレイと変わらないという。このほか100%Adobe RGBに対応する。

ディスプレイ上部に配置されたカメラは通常のHDカメラのほか、赤外線センサーを備えたIRカメラを選択できる。通常のHDカメラでは、物理的にレンズを塞いでプライバシーに配慮する「ThinkShutter」を搭載する。

インタフェースでは、Thunderbolt 3(USB 3.1 Type-C)×2、USB 3.0×2、HDMI、マイク/ヘッドホンジャックは変わらないが、従来のイーサネット拡張コネクタに変えて、拡張ドック「ThinkPad Ultra Docking Station」と接続するときに使うドッキングコネクタを用意する。

このThinkPad Ultra Docking Stationは、X1 Carbonだけでなく、Classic ThinkPadも対応。スライド式で従来よりもつけはずしがしやすく、薄型筐体にも対応することから長い世代にわたって利用できるという。

また、従来通りLTE-A対応だが、SIMがMicro SIMからNano SIMへと変わっている。

●X1 Tabletはフルリニューアル - 3:2の13型に
○X1 Yogaもディスプレイが強化点

360度ディスプレイが開く2in1モデル「ThinkPad X1 Yoga」は2018年で第3世代の製品となる。X1 Carbonと同様に本体サイズは変わらないが、やはりハイエンド構成でDolby Vision HDR対応ディスプレイが選択できる。X1 Yogaは3種類のディスプレイを用意するが、すべてタッチとペン対応である点がX1 Carbonと異なる。

フルHD(1,920×1,080ドット)IPS / WQHD(2,560×1,440ドット)IPS / Dolby Vision HDR対応WQHD(2,560×1,440ドット)LTPS。

なお、2017年のX1 Yogaでは、非常に高精細な有機ELディスプレイ(OLED)が用意されていたが、2018年モデルではいまのところ投入される予定はないという。

インタフェースは、Thunderbolt 3(USB 3.1 Type-C)×2、USB 3.0×2、HDMI×1、イーサネット拡張コネクタ、マイク/ヘッドホンジャック、microSDカードリーダーという構成となる。HDカメラとIRカメラの選択、ThinkShutterの有無について、対応SIMの変更はX1 Carbonと同じ。

○フルリニューアルを遂げたThinkPad X1 Tablet

ThinkPad X1シリーズで2018年に最も大きく変わったのが、ThinkPad X1 Tabletである。筐体をリニューアルするとともに、ディスプレイが従来の12型ワイドから3:2の13型に変化した。背面にあるキックスタンドも新たになり、より耐久性が増した。

ディスプレイの解像度は3,000×2,000ドットの1モデルのみ、表面はGorilla Glassで保護し、Dolby VisionではないがHDRに対応する。オプションとして別売りのLenovo Pen Proによるペン入力をサポートする。

また、2018年モデルではX1 TabletでもWWANとしてLTE-Aに対応。Nano SIMを使用する。このほかのインタフェースは、Thunderbolt 3×2、microSDカードリーダー、マイク/ヘッドホンジャック。
(千葉大輔)

画像提供:マイナビニュース