ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
ネタで作った仮想通貨柴犬コイン」が人気
・時価総額が2240億円突破
・元画像は日本柴犬

ドージコイン(Dogecoin)

インターネット上で有名なパロディ写真を流用して作られた仮想通貨「ドージコイン(Dogecoin)」が週末に急騰し、時価総額が20億ドル(約2240億円)をえたと7日にビジネスインサイダーが報じた。

ドージコインクリスマスに10億ドル(約1120億円)を突破し、先日7日には20億ドル(約2240億円)を突破。12月はじめには0.002ドルで、現在は0.018ドル。なんと800も上昇し、今後も高騰しそうな雰囲気。

ドージコイン2013年12月プログラマービリーマーカス氏がビットコインパロディとして開した仮想通貨ビットコインライトコインの発行数量に上限があるが、ドージコインには上限がいのが特徴。上限がないのにマイニング速度が非常に速い。

ドージコイン日本の取引所では購入することが出来ず、「bittrex」「CoinExchange」など海外の取引所で購入出来る。

ドージコインに使われている画像は日本柴犬かぼすちゃん」がモデルとなっており、それをコインにしたもの。なお、DogeとはDogスラング日本で言う「ぬこ」みたいなもの。

かぼすちゃん